06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月29・30・31日 COUNT DOWN JAPAN11/12 ~真冬の夜の奇跡~ ACT.3

やってきました大晦日。毎年毎年、実家に帰りなぜかステーキを食べ、ゴロゴロと紅白を見ながら「小林幸子の顔どこだ」とさっちゃんの衣装に笑う大晦日。そんな数十年来の恒例行事がとうとう崩れた記念すべき2011年12月31日!



この日は、なんと50回転ズを見るために大阪からはるばる幕張にやってきたツイッター仲間と一緒。途中はぐれてしまい最後は一人だったのですが、いや~1人もいいけど仲間がいるともっと楽しいね!

【31日】
<50回転ズ>
[CHAMPAGNE](シャンペイン)と読むらしいバンドが前にステージしていたのですが、ホルモンを彷彿とさせる人・人・人!え?まさか50回転ズ目当ての人も入ってる??
パニックを起こしそうになるほど、本当に狭い箱に怖いくらい人がなだれ込んで行きました。それでも、せっかく大阪から出てきたんだから、とにかく前に行こう!ということでシャンペインに潜入したら、人はミッシリだったけど案外暴れてなかったので、ポリシックス・クロマニヨンズで鍛えられてるオバチャン張り切ってゴリゴリ前へ前へ!気がつけば最前列にいました(笑)

で、噂の50回転ズ。私のツイッター仲間は基本クロマニヨンズ好きの方たちなのですが、この方たちがほとんど50回転ズファン。初めて聴いた人たちもどんどん虜になっていく、それはそれは魅力的なバンドなわけです。私は3匹初対面、ステージ右側、一番人気のダニーさん側最前列にスタンバっておりました。そして、マイクチェックで出てきた3匹。このマイクチェック異様にカッコよかったね!「チェッチェッ!マイクチェッ!」ってゴワアアアなんだこのカッコよさ!キモイけど!

そして、始まった本ステージ!おお、これがダニーさん!変顔全開だぁ!この顔、みんなのアイコン!と何度爆笑したことか!とにかく演奏が上手かった、驚いた。思わずダニーさん来たらキャー!言いましたわ(笑)汁浴びたかったなぁ。ホント、汁跳びそうなくらい汗かいて、一生懸命で、ああ皆が好きなるのもわかるなと思った。ドリーさんとボギーさんは正直良く見ていないのダニーさんが強烈で…でも、みんな本当に楽しそう、笑顔がイイ!キモイけど!(大事なことなので)

とにかく、凄くいいバンドだと思った。本当にロックンロールが楽しいんだろうなと思わせてくれる、一流の技術を持った、バンド組みたての高校生みたいな雰囲気。ステージギリギリまで来て弾いてくれるし、サービス精神旺盛!曲もバンバン繰り出してくるし、お客さんも彼らが大好きという空気に満ちていて、とても心地よく楽しめるバンドでした!ドリーさんの歌もとってもいいね。マーシーも歌えばいいのに、バンドに2人歌える人がいるのって素敵だわよー社長!

Rock ‘n’ rollマジックにかかったよ!素敵なロックンロールをありがとう!


でもね、とにかく最前列の圧がきつ過ぎた…後ろにいた男性が相撲取りかッ!と思うような圧かけてくるんですよ。肩から掛けてたポーチの紐切れたっちゅうの!押し過ぎ!危うく全財産失うところでした。そんだけの内臓リバースモードですよホント。フェスは踊ってなんぼ、やっぱり最前列ではフェスは全力で楽しめないなぁ。

ヒロトを凝視するためにクロマニヨンズは前で見たいけど、それ以外なら絶対中盤!というわけで、50回転ズもまたフェスで会う機会があれば中盤で若者とドツキあって踊りたいです!楽しかっただろうなぁ~残念!次こそはダニー汁を浴びる!(あれ?最前行かなきゃダメじゃない?(笑))

50回転ズ参戦記念写真(笑)これはダニーさんのギターチェックさばきです。足元のつま先立ちにご注目!というか、「20代、20代、大台」のはしゃぎ過ぎにご注目!!(笑)

CDJ7.jpg

<吉井和哉>
50回転ズ終わったらもう抜けがらですから、吉井さんは大人フェス仕様で楽しませていただきました。ビール、ポテト、唐揚げを飲食しながらイケメン鑑賞です。大人の余裕…!
ソロの歌は知らないのですが、なんと吉井さんここで、あのイエモンの名曲「BURN」を歌ってくれたんですよ!

BURNの動画がなかったので、私がTHE YELLOW MONKEYで一番好きな歌を


いや~しかし、吉井さんエロスだったわ~。今も昔も変わらずエロス。なんか、デビット・ボウイみたいな感じ?ヒロトにはない隠微な香り…お仲間からは「吉井和哉マジエロ」という名言頂きました。ブログで使わせてもらいますと使用許諾をいただいたので、もう吉井さんはこれで〆ていいかな。吉井和哉は…マジエロッ!(エロ~エロ~エロ~)←エコー

<岡村靖幸>
岡村ちゃん!(爆笑)いきなり爆笑していますが、ヒロトがいくら御開帳しても逮捕されないのと同じく、何度覚せい剤で逮捕されても許されて音楽シーンに戻ってくる不死鳥岡村靖幸。ブルーハーツと同時代のベテラン「シンガーソングライターダンサー」。いやもう、始めてみた岡村ちゃんは爆笑でしたよ、あれこそパフォーマンスですよ。ものっすごいバブルの香りプンプンの古臭いダンス、それを押し通せばオリジナルにかっこいい…!



ヤバイー!最高にダサい!衝撃!なのに…カッコいい(笑)岡村ちゃんを許してやってくれって動画のコメントにあるけど、それは、やっぱりこの人に本当に楽しませてもらった人がいっぱいいるからなんだろうな。それも納得できるステージでした。どう考えても岡村ちゃん世代じゃない若者も、「フーーー!」って思わず古臭い歓声を上げてたもん(笑)
流石に棒立ちの人が多かったけど、私は構わず岡村ちゃんとダンスしてきましたね。ディスコティックで踊った気分だったよ(笑)

<Dragon Ash>
2011年最後はこの人達と一緒に!GG11でも素晴らしいACTを見せてくれました。コレ!コレ凄かった永久保存版!ここで私も「飛び跳ねろーーー!」で理性飛ばして飛び跳ねてた!!最高に楽しかったわぁ…。



このGGは恐ろしく盛り上がってたんだけど、CDJはちょっと雰囲気違ったな。お客さんも夜中まで参戦で疲れたのか、ちょっと元気なかったのね。そこでKjも色々煽ったりして、「毎日詰まらないんだろ?上司に怒られて、学校で授業聞いてさ、俺なんかは好きな音楽やらせてもらってる。俺がお前たちにできることは、嫌なこと全部ここに置いていってもらうことだ。ほら、輪っかをさ、大きく作ってみろよ。もっと飛び跳ねていいんだぜ?」

いやいやいやいや…ちょっとそこまで言わないで、ホントごめんなさい今すぐ輪っか作りますから!みたいな(笑)なんか、こっちが逆に申し訳なくなるよね、盛り上がんなくてすいまっせんて感じで。でも、2012年へのカウントダウンからは流石に皆さんテンションあがってきたー!

「3!2!1!ウオオオオオオオ!おめでとう2012!」パーーーン!舞い落ちて降り注ぐ銀色のテープにキラキラと手を伸ばし、踊れ踊れ!騒げ騒げ!そして、登場するゲスト山嵐、私の大好きな歌「ロックバンド」の「未来は僕等の手の中」の一節でまた涙。ラストは「FANTASISTA」、隣の男子と肩を組んで笑ってグルグルサークルモッシュ!言葉じゃない、歌が自然に輪を作るんだよ!

これこそが、待ち望んでいた最高の年明け。ガンガンぶつかって、肩を組んで、踊って、笑って、何もかも忘れて音楽と一体になる。今年もそうやって、誰にも邪魔されずに楽しいことを味わい尽くしてやる。ありがとうDragon Ash!

<エレファントカシマシ> WARNING!
エレファントカシマシ、通称エレカシ。ロキノンでは大御所中の大御所、音楽評論家の評価も高く、フォロワーさんも大好きな人多数の日本有数のロックバンド。それなのに、GG11で初エレカシを見た私の感想は、「乳首プレイ」(笑)

やっぱりエレカシと私はまだタイミングが合ってない気がするんですよ。GG11ではクロマニヨンズの後で疲れ果てて、CDJではDragon Ashとのカウントダウンで疲労困憊していて、でも、エレカシは簡単に聞き流せる音楽ではないじゃないですか?むしろ、座して瞑目して涙して聴けってくらいでしょう?

私にとっては、フェスよりもワンマンで聴きたいアーティスト。フェスってお祭り騒ぎだから、単純に踊りたいんですよね。心に沁みて涙しながら聴くのはワンマンでいい。もうホントゴメンなさい馬鹿でって感じでエレカシファンに謝罪したい。ろくなレポもできず申し訳ない…ちょっと途中で抜けてB-DASH行ったもん(どーーん!)。踊りたくてさぁ!ごめんなぁ!!

もうこれ聴けただけで満足。定番はやっぱり名曲なんです。最高。


<B-DASH>
なんかずっと前から存在は知ってるんだけど、いつ頃から活動してんの?(調べ中)…はいはい1997年。ああそうか、私が第二の大学生活を始めた頃だ。だから、当時の10個下の友達が聴いてたから知ってるんだ!という、ご本人のことはちっとも知らないけど、とても懐かしいバンド(笑)

当時はHi-STANDARDを中心としたメロコア全盛期、B-DASHもそんな感じだろうと当たりをつけて、エレカシを蹴ってこちらに来ると言う暴挙を犯してしまいましたが…大正解!!楽しかった!何歌ってるかはさっぱりわかんないんだけど勢いがあって、お客さんもTHE BAWDIESのときにはいなかったムサっ苦しい男子がいっぱい!(笑)ああもう臭い!ウザイ!くどい!暑苦しい!でも…楽しいいいい!

ホントにね、私、笑いながら若者と大暴れしてたもんだから、前歯を前にいた女性の頭に強打したんですよ!これ、流血の惨事じゃないの?!と思ったけど、私の歯も彼女の頭も無事でした。だってさ、狂うしかないですよ、こんな歌歌われたら…。



最初にいきなり「皆殺しのメロディーが切り裂きジャックを呼んでいる!」ときた瞬間、フロアの誰よりも絶叫したのは私です(笑)ホルモンと言い、パンク・メロコア勢は皆殺し大好きだな!いいぞ!ヒロトーーーー最高ーーー!!!←

午前2時、こうして私のCDJライブは全て終了しました。その後は始発が出るまでDJブースにいたのですが、このお話は最後のクロマニヨンズレポで。

COUNT DOWN JAPAN11/12、本当に素晴らしい3日間でした。アーティストの皆さん、音楽をありがとう、楽しいこといっぱいありがとう。2012年も新しい音楽との出会いがありますように…どうぞよろしくお願いいたします!

さぁ…最後は…お待たせしました、クロマニヨンズ・ステージレポ!…THE BEST ACT!

Comment

Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。