12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月19日名古屋ダイアモンドホール ACE ROCKER TOUR 第4回 ~ありがとう!名古屋最高!!~

みなさん、ライブの時に入り待ち・出待ちってしたことありますか?私、中学生の時に1回だけしました。もうね、当時CCBが大好きでね!(どーん)地元の市民会館に来た時、地元民だけが知ってる裏口があって、私と友達ぐらいだったんです、そこで待っていたのが。スタッフさんから「ここから出てくるから、黙っててね。」と言われて、本当に心臓が破裂するほど胸を高鳴らせて、本人が出てきたときには半泣きしていたことを憶えていますよ。そして、その後自転車で延々車をストークというワイルド&パワフル迷惑中学生(笑)若気の至り話でした。



それから数十年…本当にあの頃と同じように、手の届かない人にここまで憧れるという経験をね、しているわけですが。私ももう大人です。黙ってたら何も始まらない。行動しなくちゃ人生の実りは得られないでしょ?会いたい人に会って、やりたいことを今やらなくちゃ……。だから、そう…猛烈に…熱く………

食べ歩きと観光をね!!!(えーーー!)

出待ち、入り待ち…仲間がするならキャーキャーいってみんなで待つけど、自分一人ではしようと思わないです。街でばったり会ったりホテルで一緒だったりとかは、あればいいなぁと思うけど、なんだろう…一人で待つのはさぁ、だってさぁ……恥ずかしいじゃないですカアアアア(おーい!干からびた乙女がここにー!)

というわけで、一人入り待ち以外で生きているうちにできることは何でもするために、貪欲に観光!私、名古屋舐めてたわ~。見どころいっぱいあったよ!まずは王道ですね。

名古屋2

ハイ来た名古屋城!金の鯱鉾のピッカピカ加減に、名古屋の本気を感じました。城内部の展示も充実していたし満足。あと、「名古屋おもてなし武将」のショー!なんじゃそりゃ?!と冷やかし半分で見に行ったら、甲冑を着た武将がJ-POPに合わせてダンシング…そこには何重もの女性の人垣ができていました…。私がヒロティストであるように、熱いケイジスト(前田慶次)がいましたね。彼と写真を撮りたいがために、クロマニヨンズのグッズ売り場より長蛇の列となっているとか切ない。でも、気持ちはわかるよ同志…と心でエールを送ってきました。慶次さんはイケメンだったわ(ポッ)

前田

愛知県美術館も感涙もののラインナップでしたし、名古屋科学博物館!ここは最高でした。科学で遊べる展示がいっぱい、こんなことをしたり(特別出演トマトさん)。

名古屋7

こんなことをしたり(壮大なプラネタリウム!チケット取るのに1時間以上並ぶんだよ。)

名古屋8

こんなこととか。

名古屋6

…アンタ何してんのーーーーー!(笑)静電気で髪が逆立つという実験ですね。どなかた実験に…と言われた瞬間、私のロングヘアーはこの日のために!と言わんばかりに高らかに手を挙げました大人げないにもほどがあるぜ…!(笑)観光満喫!このあとインフルで倒れるけどね!(心からスイマセン…)

さて、そうこう楽しんでからの名古屋2日目ライブ、1日目はヒロト前2列目で地獄の盆踊りを踊りきったので、2日目は中盤以降で天国のカーニバル!これが最高のコンボです。実は、ブログにいつもコメントをくださる方が今回初参戦!お一人参加ということで、私の仲間と一緒に見ましょうとお誘いし、ライブ前までみんなでおしゃべりなど。いやんまるで女子~女子ッぽい~仲良し~~楽しい~~。ブログ読んでくれてありがとう~嬉しいよ~などと和やかにお話ししていましたが…

「ザ・クロマニヨンズです!」

どぅおおおおおおおおお!ビロドオオオオオオ!(ステージダッシュ)

初参加のお嬢さんを完全に置き去りにして、私のライブが始まりました。その後彼女の姿をライブ終了後まで見ることはなく…。人でなしとはこのことか!(笑)

今宵は本編「伝書鳩」Ver.、渋谷AX2日目と同じですね。渋谷でも思ったんだけど、とにかく、とにかくフロアの男性率が高い!しかもね、男性の中でも坊主率めっちゃ高い!!コレは何、甲本ヒロト仕様ですか?そうとしか思えんでしょう、植物図鑑に載ってそうな草食系男子がもてはやされる現代において、ここ柔道部?!部室クッサ!みたいな熱い坊主、しかも、皆さん重量級で…ガタイがいいんです名古屋男子。

こんなんとモッシュモッシュで肉弾戦繰り広げたら、そりゃもう体力消耗しますよ。文字通り肉弾、もういっそ肉団子ぐらいの勢い。私をミンチにすればいいじゃない!でもねぇ、それが本当に楽しいんです。

他には何も~欲望ジャック~バニシング・ポイント~ゴーゲバゴー!この流れ、クロマニヨンズ史上、いや、彼らの全バンドを通じても最高峰に位置するのでは?ゴーゲバゴーのトリップ感はただ事じゃないですよ。あれはとてもよくできた構成の歌なんです。

イントロ前のゴーゴーゴー!ゴーゲバゴー!(合唱)→イントロ(激しくモッシュ)→ゲバ・ゲバ…(あえてのトーンダウンで十分ためてからの~)→ゴーゲバゴーーー!(魂の解放)→ゲバゲバゴーゲバ!(リピートでトリップ)→マーシーのギターサイレン音ピーポーピーポ(喧騒を加速させてトランス状態)→ゴーゲバゴーーーー!(ある種の達成感)

コレは何に似ているかというと、あの名曲「リンダリンダ」!リンダリンダー!と連呼していくあのラスト。リンダリンダーオーからリンダリンダリンダリンダとスピードアップ!トリップ!そして、梶君のドラムがどえらい刻みを始めてからのリダリダリダリダリダ…!トランス!リンダリンダリンダーーーオーーオオオオ!ああ、リンダリンダを聴いたあの人達は、きっとこんな気持ちになったんだろうなぁ。そんな感覚も疑似体験できるゴーゲバゴー!ぜひ!ぜひあなたもフロアで踊ってください!


(このリンダリンダが一番熱い!画像は最悪ですが、ぜひご覧ください。ファンが差し出すビールをヒロトが受け取り躊躇わず飲むところがポイントです!全部ちゃんと見てるのねぇ…素晴らしい。)

クロマニヨンズのステージ衣装はグレー角ヨシオ。マーシーの襟ぐりカットは控えめで、おっぱいポロリなし。チッ…。ヒロトはやっぱり暑かったみたいで、昨夜同様早々にTシャツOFF!でもねぇ、なんだろうねぇ、この時までヒロトの様子にすごく違和感を感じていて。ヒロト笑ってなかったんですよ全然。ちょっとイラついてるって感じもするぐらい。

Tシャツ脱いだ時に、MCというか誰に言い聞かせたいのか突然「脱いで盛り上がるところとかあるんだけど、そういうのわかってんだけど…そんなのは関係ねぇ!予習してきてる奴はいないだろうな~ロックに練習なんかいらねーよな!そうだろ!」

以前のライブで、ヒロトがTシャツを脱いだ時にハッ!とした顔をしてマーシーのところに行き、「脱いじゃった…」と耳打ちしていたというクロマニアンからの目撃報告がありました。それ以来、「ヒロトのTシャツOFFはタイミングまでマーシーが指示している」という憶測が流れましたが…この苛立ち、もしやヒロトのささやかな反抗か?!(笑)

AXでは紙飛行機で脱いでたから、本編ラスト4曲の盛り上がりにババーン!景気づけに裸一貫!って感じの演出なのかもしれません。これからライブに行かれる皆様、ヒロトのTシャツOFFタイミングにご注目ください、そこがクロマニヨンズ的「お前らこっから行くぞー!」合図です(笑)

この日はMCもちょっと多めだったかな。

「ロックンロールが好きな人はみんな幸せです。だから、ロックンロールが好きで不幸だって言う人は嘘つきです。不幸っていうのが嘘かもしれないし、ロックンロールが好きっていうのが嘘かもしれません。僕はずっと幸せでした。」

ってね、ヒロトは言うけど、ロックンロールが好きでも不幸せな人はいっぱいいると思うし、その人は嘘をついてないと思う。この「ロックンロール」を一番好きなもの、自分の生活に一番ウェイトを占めているものに替えると理解できる。仕事が、家族が、恋人が、趣味が…一番好きなものが自分の生活の一番であれば、その人は幸せだと思う。思うけど、そういう人は、なかなかいないよね。

などと、ヒロトのMCに「得難い相棒とずーっと好きなことだけしてるアナタはそうでしょうけどもー!」と辛辣に突っ込みつつ(笑)、重量級との肉団子…肉弾戦、ガチンコ対決は続く。ふと、携帯ポーチを見るとチャックがあいてる!わぁ、閉め忘れてたのかな、危ない危ないと中を確認するとお金は落としてなかった。早く気がついて良かったぁ…こんなとこで落としたら、もう踏みつけにされて二度と見つけられないよ!

チャックを閉めていざ出陣!連結器はホント、ヒロトのあの腰突きを拝ませていただくだけでウヘヘヘヘ~となる。変態になる。「アソコーーー!」とか数百人で絶叫できるライブはクロマニヨンズだけ!ムーンベイビーやあったかいは、マーシーが作った歌の中で私にはあんまりピンとこないんだけど、やっぱり合いの手あるとライブでは盛り上がるんだよね!「カモンベイベー!」とか拳突き上げちゃうし、おまけDVDに収録されたライブから「あったかい~な~(ダラララダラララ)ヒロトッ!(ダラララダラララ)マーシー!」が定番化してる(笑)

そして、グリセリンクイーンで定番の「オ~♪オ~♪」をした後またMC

「みんな自由にしてくれよ。歌いたい人は歌ってください。踊りたい人は踊ってください (ここで何度も変な顔をして、「こんなことも…こんなことも…好きなようにしてください」というヒロトに、そんな顔ようしませんよと突っ込みを入れつつ) 何も考えずに今までしたことない顔をして,今までしたことないポーズをしてください。自由にやるってそういうことだろー!! 自由な心でいようなあーーー!」

グ・リ・セ・リン クイーン!!ウオオオオビロドオオオオ!!
グリセリンクイーンも既に聞き飽きているわけですが、ライブでこう盛り上げられるといけませんね、白熱の肉団子!揺れるフロア!踊り狂う坊主!毎秒が伝説うううう!!
昨夜の底なしブルーではハープを吹きながらアンプを越えてヒロト前に大サービスの甲本さん、今夜はコビー前に急接近!近、近いウオオオオオ!と前に行こうとしたのですが、肉団子に挟まれてピクリとも進まず、遠くからギギギ…と奥歯を噛みしめました。

紙飛行機でマーシーダンスを見ようとしたその時、大事件が。先ほどチャックを閉め忘れて危ない危ないと冷や汗をかいた携帯ポーチ。どうしてだろう、本当に唐突に思い出したんです。あれ?さっきお札確認した時、携帯、あった…?

・・・・・・・・携帯がなーーーーーーーい!お、お、落としたあああああ?!まさかうわあああマジかーーー!どうしようどうしよう、実はあの携帯私のじゃないんだ、私の携帯壊れて修理に出してるから代替品で、これを壊したりなくしたら弁償しなくちゃいけないんだ、ここで携帯なくしたら誰とも連絡取れないし、いやホント探さなくちゃ、どこ?どこなの?私の携帯ーーー!……落ち着いてhiroraku、この混沌と狂乱の肉団子をかき分けて携帯を探すのは、川口浩探検隊がジャングルかき分けて謎の生物に遭遇するより難しいよ!(昭和のギャグ)
わかってる本当は、「こんなとこで落としたら、もう踏みつけにされて二度と見つけられないよ!」って自分で言ってたもん…諦めて、奇跡に賭けよう…二度と戻らないこの瞬間を、戻るかもわからない携帯に潰されてたまるかっ!!

と、紙飛行機中に葛藤しながらエイトビートで腹をくくったhirorakuさん。雑念を払いステージに集中すると、そこにはアンプに足を掛けて拳で胸を叩くヒロトが。一瞬で憂いを払うその姿、今、ここにいて、生きていることに比べれば代替品の携帯なんて…木っ端みじんに潰されてればいいじゃない!ビロドオオオオ!

何度も熱くエイトビートを叫ぶヒロト、この歌の存在感の強さに観客も前のめりに惹きこまれていく。そして、ラストハープ前のエイトビート4連呼、「エイト!ビート!エイトビート!」……あれ?ヒロトハープ吹こうとしてる!え?!ちょっと待って甲本さん!まだ2回エイトビート残ってますよーーー!!

ヒロトも一音吹く前に気づいて、一瞬全ての動きが止まる。甲本ヒロトが「甲本浩人」に浸食されようとしたそのとき!フロアから…「エイトビート!」の歌声が!!あのときのヒロトの顔は忘れられないなぁ。皆が歌うエイトビートが聴こえた瞬間、頷いて、満面の笑みをフロアに向けて、拳を上げてラスト「エイトビーーーートーーーーー!!」

「ありがとう!名古屋最高!!」ヒロトは本当に、そう思ったんじゃないかな。ちょっと涙出たよね。感動したよ。でね、ヒロトがハープの入りを失敗したときのマーシーですが、目撃した人によると、顔文字で表現すれば(◎△◎;)こんな感じで。もっと凄い顔文字だったのですが…とにかく、「どうしたヒロト?!」と驚愕していたと。でも、ヒロトがミスに気づいて立て直してからは( ´,_ゝ`)ショウガナイナァこんな感じで微笑んでいたんですって…マーーシーーー!優しいのね…(;;)

エイトビートで一気に圧が来たのに雷雨決行で更に負荷が増し、ナンバーワン野郎で爆発する。エースロッカーツアーのスタート4曲とラスト4曲の構成は史上最高と断言します。これ以上の盛り上がり、来年のツアーで期待できるんだろうか?来年はまた違うんだろうけど、今年は絶対1度はライブ行った方がいいですよ。どのツアーでもそうですけど、二度と体験できないですからね、このセットリストは。

「エース!ロッカー!エース!ロッカー!」でステージに戻るクロマニヨンズ、ヒロトはこのツアー中、アンコールは履きTで通すのでしょうか。大好物です大歓迎。あのね、ヒロトはサラリとTシャツ履いてますけどね、あれは要するに、Tシャツの袖から太ももが出るってことですよ?わかります?つまり、二の腕並みに太ももが細いんですよ!ポキーーーーッ!(hirorakuさん折っちゃダメー!)

ヒロトの履きTポロリ期待凝視をしながらチラっと横を見ると、マーシーが赤ジャケットを着ていました。ホントに…ギター少年だよね。ボ・ディドリーごっこをして許される50歳、企業なら部長クラスですよ?あなたの会社の部長が赤いチェックのジャケット着てごらんなさいよ、それもうただのベテラン漫才師じゃないですか。マーシーだけですよ、こんな暴挙が許されるのは!!

これを着ていれば何を歌うかはおのずとわかる、そう、「ボッチ」です。シャラララ~ボッチボッチ~♪太陽や富士山や三日月のような圧倒的な存在、だからこその孤独。のんびりした歌だけど、ヒロトやマーシーの感じる突出した者の「ひとりぼっち」って、こういうことなんだろうなぁ。ボッチを聴くと慰められる人が多いみたいだけど、私は寂しくなります。太陽もひとりぼっちと呟くマーシーはとても遠い存在で、だからこそ憧れるのだけど。

あとは固定のギリガンと弾丸ロックで名古屋2日間完全燃焼!そして、終了と同時に思い出す携帯…ううう諦めているけれど一縷の望みをかけて…「すいませーーーん!携帯落ちてないですかーーー?携帯拾った方いませんかーーー?」燃え尽きて灰となった風呂上がりの屍達(と表現するしかない)が、可哀想に…という目でこちらを振り向き通り過ぎる中…。

「誰か携帯落とした人いませんかーーーーー?」

え?ちょ?そfdわtsぃのjwい帯です!それ私の!わたしの携帯です!!!「はいいいいい!」

ナイススマイルのお兄さんが手に持っていたのは、無傷の私の携帯でした。なんというミラクル名古屋…!100%奇跡です。もう、私にとっての聖☆お兄さんをハグしたくて仕方なかったのですが、お兄さん全くそんな空気醸し出してないので、上げた両手を下げて痛む腰を叩いて笑顔にとどめました…おばあちゃーーーん!(笑)

ライブ序盤ですっかりはぐれたブログの方とも再会し、ライブの感想を語り合う楽しい時間のおまけつき。例えるならば観光という前菜、ライブというメインディッシュ、仲間との感想トークという極上のデザートまでフルコースで楽しんだ2日間!こうして、私の名古屋遠征は終わりました。本当にヒロトの言う通り…

「ありがとう!名古屋最高!!」

それでは、次のレポは3月17日岐阜!ヒロトの誕生日だよキャッホーーーーウ!See You Next Live!


― セットリスト ―
1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシング・ポイント
4.ゴー ゲバー ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.伝書鳩
9.連結器よ永遠に
10.ムーンベイビー
11.あったかい
12.スピードとナイフ
13.グリセリン・クイーン
14.底なしブルー
15.ひらきっぱなし
16.オートバイと皮ジャンパーとカレー
17.紙飛行機
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!
 
アンコール
1.ボッチ
2.ギリギリガガンガン
3.弾丸ロック

Comment

はじめまして

はじめまして!!
自分も名古屋2日間参戦してました。

携帯見つかってよかったですね(^-^)

アンコール前だったかな?
コビー側で携帯落としたって言うお姉さんがいたから
もしかしたらその方かと思いコメントしてしまいました。

もし違ってたらごめんなさい( ̄ー ̄ )ゞポリポリ

オレは岐阜は行けませんが
5月の静岡には参戦予定です。

ツアーもまだまだあるし
楽しい日々が続きますね!!

突然失礼しましたm(_ _)m

No title

こんばんわ^^体調回復?してきているようでよかったですね。
名古屋あつい!あついですね~!
エイトビートの大合唱、私もその場にいたかったなぁ。
ヒロト、さぞかしいい笑顔でしたのでしょうね。
Tシャツ脱ぐタイミングもマーシーが・・・って、え!笑
まさかまさか・・・そうだったら何か嫌ですね。笑

リンダリンダの動画、これは初めて見たのですが、投げられたタオルを拾って長々と持っていたり、下手っぴなブレイクダンスらしきものを踊ってみたり、ビールを飲んだりと素敵すぎますね。お客さんが皆真剣に楽しんでいる様子も伝わってくる動画ですね。

マーシーの赤チョッキ、いつか見てみたいものです。
今回のツアーで見れるといいな。
でも本当に、マーシーだからこそ許される暴挙・・・笑 

No title

>>シンタロー様
初めまして、コメントありがとうございます!
コビー側で携帯落としたって言うお姉さん…それ私です!私です!特に「お姉さん」部分が私です!!(必死)

シンタロー様はレディーにお優しいですね(笑)いや~あのときは、もうダメだと思いましたよ、ホント諦めていたのにありがとう名古屋!名古屋2日間とも凄く良かったですよね^^見に行って大正解でした!

5月の静岡はホールですね?私は行けないので、ぜひコメントで教えていただけると嬉しいです。ぜひ、また遊びに来てください!^^


>>ノリコ様
こちらにもコメントありがとうございます^^
Tシャツ脱ぐタイミング、どうなんでしょうねぇ~まさかとは思いますけど、もしや…?(笑)これからもOFFタイミングから目が離せません><

エイトビート合唱は(大ほどではなかったので(笑))感動しました。心が歌うって、ああいうことなんだなぁって。こうして、一つ一つのライブで、その場でしか体験できない感動があるから、何度もライブに行きたくなるのですよ!

このリンダリンダを見た人も、きっと一生忘れられない感動だったと思います。私達も、まだまだこれから何度でも伝説を見られますよ!赤チョッキというかジャケットも見ましょう!お祈りしております^人^

名古屋ダイアモンドホール 2days

hiroraku様、こんばんは。

まだまだイマイチなご体調の中、阿鼻叫喚のライヴレポをありがとうございます。
いやもう、クワックワッとか、グフフ…ビロドオオオとか(爆)。いつもながら、最高に楽しいです。

40代最後のマーシーの姿を仰ぐ為、強引にSHIBUYA-AXから通して休みを取り、名古屋遠征しました。

一日目は、前に立ちはだかるメタボカップルのお陰で、終始全くヒロトを見れず(ToT)
が、マーシーは一直線に、何も遮るものなくガン見出来ました。

この日の彼は、ちょうどハイロウズ時代の 即死 のライヴ映像みたいで。最高にノリノリ♪肩が大きくはだけてて。首筋から鎖骨に汗がつつーっと流れ落ちて。官能的過ぎ…薄い瞼を閉じて、逝きそうな表情… 私、もっと若かったら、確実に鼻血噴いてましたね。

かと思えば、ラス、フォー、ロッケンロー♪で、ピョンピョン跳び跳ねていたり。カツジの方を向いてジャンプしたり。可愛い☆

その夜はライヴを思い出すだけで、妊娠しそうでしたわ →腐女子丸出し


しかし、翌日二日目。40代最後の日。この日はうってかわって、骨太で男っぽい、かっこいいギター弾きでした。

足をガッと開き、力強い演奏を聴かせてくれた。その姿はまさに、他には何も…
ああこの人は、本当に他には何も要らないし、ロックンロールが大好きで、それこそが人生の最優先事なんだな…と思いました。

ロックンロールさえあれば。何も邪魔されず、何も心配ないぜ。大丈夫さ♪やりたいことをやれよ。信じるものがあるんだろ。俺達はロックンロールさえあれば、それでいいんだ!!

人の世に熱あれ、人間に光あれ

エイトビードでヒロトがハープの入りを間違えて、その時、今回初めてヒロトを見られました。
あの時のお客さん、あったかかったですね。
ジン…としました。

最高に楽しい名古屋2daysでした。

☆マーシー、お誕生日おめでとうございます。
50年前、生まれてきてくれてありがとう。唯一無二の相棒と、ずっと元気で長生きして、ロックンロールして下さい。
あなたのロックンロールを、私は一生聴いていたいのです。ずっと見ていたいのです。

突然の不幸に見舞われたりしないよう、彼等が楽しんでロッケンロー♪して行かれるよう、ロックンロールの神様、ちゃんと見守っていて下さい。でないと、ギターでぶん殴るからな☆

そしてhiroraku様、早く完治されますように…

ベテラン漫才師~

あ~おもしろかったぁ!
ひろらくちゃんたくさん食べるしねー。
早く全快になって全壊シャウトしよ~ね。
ろっけんろ

No title

エイトビートでのヒロトの間違いに気付いた時のマーシーの

(́◉◞O◟◉)アッ→( ´,_ゝ`)フッ

hirorakuさんのブログでエアーライブ思いっきり楽しんでます♪
渋谷の49cc前のヒロトのMC泣けたな。。
岐阜でお会い出来たらハグしてくださいね\(^o^)/

楽しかった♪

hiroraku様

もう、hirorakuさんはとても素敵なお姉さんでした(*^_^*)
私は人波の中に突撃していくhirorakuさんを見送りながら、おおお
これがライブかあ~と感慨に浸る・・・余裕もなく(笑)、あっというまに物凄い熱気と爆音に包まれ、自分も叫んでました!!

ヒロトが、マーシーが!!歌だけは童謡と同じように昔からずっと知ってたしリンダ、トレインあたりはたまに口ずさんでたのに、最近まで誰が作ったか知らず、知って一気に嵌ったけど最初は到底会う事なんてないだろうと思っていた人が、そこにいるーー!!!
ヒロト、苛立ってた感だったんですかね、私はとにかく彼らの姿を追う事でいっぱいで、序盤のヒロトのお姿は「攻撃的に唄うヒロト、超かっこいい!!」みたいな、もう何しててもかっこいいって盲目フィルター(笑)で見てました(>_<)
マーシーの襟ぐりは、正直もっとカットしてて欲しかった、見たかった、あのセクシイなはだけ具合(変態!)アンコールの半裸であのツルツルお肌を拝めたのは満足でしたけど(笑)

圧倒されたのは会場全体の空気です、ライトに照らされた上の方、湯気立ってましたもん。サウナ!そりゃすぐ汗噴き出るわ~って他人事のように思いながら、腕を振り上げて熱気の一部になってました!!
クロマニヨンズ最高!!
あと一回行きますが、毎年ライブ参加するぞって心に刻み込んだ一日でした。
また、会ってくださいね☆本当にありがとうございます。

No title

>>チョビさま
いつもコメントありがとうございます^^
チョビさんのコメントがあるからマシマニアンの方たちがここに遊びに来てくださるのではないか…と思ったりもするほどです(笑)いつもマーシー情報ありがとうございます!私も、ほ~マーシーはこんなことしてたのね、とか脳内保管できて嬉しいです^^

マーシーもとうとう50歳ですねぇ…あんな50歳見たことない。妖精に違いない。
梅田AKASOでのマーシーの誕生日直後のライブ、客席の「マーシーおめでとう!」の声に応えたヒロトのMC「まさか自分がバンドをやりながらマーシーのこの年齢を見ることになろうとは、28年前には思わんかったんよ…長生きはするもんだぜ!」と言ったと、ツイッターレポにも雑誌のインタビューにもありました。
28年ずっと一緒に…白髪が増えて皺が増えて年をとっていく様を見続けてきたなんて、そして、今もあの頃と同じように楽しいことばっかり2人でやっているなんて…。これからも、最期まで、2人は一緒にいて欲しいですね。私も、いつまでライブハウスに行けるかわからないけど、ライブに行けなくなっても、ずっとずっと2人に感謝して応援してファンでいたいです^^

マーシー、ヒロトを選んでくれて、ずっと一緒にいてくれてありがとう;;
50代って全然アリやな!と思わせてくれるミラクルお爺さんになってください!←酷い(笑)


>>クロマニヨン ストンプ!さま
コメントありがとうございます。何でいつも名前変えるんでしょうか(笑)
そんなに食べてないですー普通ですー!
いやむしろ、全快のためには美味しいものいっぱい食べないと!浜松行くときに御馳走してくださいニヒヒ^^

これからも、よろしくお願いします^^


>> chifuyuさま
コメントありがとうございます^^
ブログも楽しんでくれてるみたいで嬉しいです。ライブレポはガンガン続くから、遊びに来てね!

顔文字それそれ!!(笑)マーシー優しいね、ヒロトに甘いマーシーが大好きです^^
岐阜でお会いできるのが本当に嬉しいよ!ミニマニヨンはお腹の中からヒロトとマーシーに会えるなんて羨ましい。きっと、その夜のライブは彼の耳と心が憶えてるよ。
みんなで一緒に素敵な夜を過ごしましょうね、ヒロトの誕生日だもの!生誕祭だよ^^


>>ジェムさま
いつもコメントありがとうございます^^

「もう、hirorakuさんはとても素敵なお姉さんでした(*^_^*) 」

はい、ここ完全に真実かつ超重要ポイントなのでテスト出します。赤線引いといて。

もうね、ジェムさんのコメントは2年前の私ですよ!ああ、ヒロトとマーシーって実在してるんだ…実在しているのに妖精…→ヒロティスト。もうこの1本道が見えますよ、ジェムさん、ようこそ!!(笑)盲目フィルター?ん?完全な裸眼ですよ私達は、ヒロトとマーシーにフィルターなど不要。あの人達人間じゃないんだもん、妖精だから超カッコよくてお肌つるつるで羽が生えてるのは当然ですよ?

と、ここまで来てしまう前に、まっとうなクロマニアンでとどめておく方が無難です(笑)そうそう、ジェムさん6月の京都ライブに参戦、前に突っ込んでみるとのこと。素晴らしい!私も京都に行って、一緒にビロドオオオオしたいです><
クロマニアンであれば、私達は毎年会えますよ。フェスで、ライブで、またお会いしましょう!
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。