06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月20日浜松窓枠 ACE ROCKER TOUR 第6回 ~ウンチ!ウンチ!ウンチ!~ 

「紹介しましょう、ザ・クロマニヨンズです!」
ACE ROCKERの幕が落ち、歓声と悲鳴が螺旋を描いてフロアに満ちていく。充満した熱狂の渦の中、ロックンロールの切り札がギターを抱えてやってくる!!



…あら?いつもは左からマーシーが先頭で入ってきたと思ったけど、窓枠は勝治が先頭だった!なんだそのフェイント!そして、モソモソと右側からコビーが出てきて、次いでマーシーが出てきてなんかグダグダなんですけど(笑)あ、ああ?!マーシーの後ろにくっついてたの?!いつの間にかヒロトいるよギャース!近ッ!鼻、鼻血でそうどうしようあわわわ…。

「ロッケンローーーー!」ジャ・ジャ・ジャーーーーーン!Oi!Oi!Oi!

「他には何も」からフロアのテンションMAX!それでも押しは他の箱に比べてそれほど強くない、こんな近いのに踊れる感じ!コレは楽しいわー!それに、窓枠音がイイ!あまり音響がわからない私でも、ヒロトの声もハープもマーシーのギターも凄くクリアに聴こえる。クリアに聴こえるからこそわかる、ん?マーシー、間違えちゃった?なんか音変よ?素人の私でもわかるほどクリアーに音が外れております!(笑)

当然ヒロトも気づくわけで、1曲目のギターソロでクリアーなドヤ音で間違えまくってるマーシーをチラッと一瞥し、「やっちまったなぁ、マ~シ~」と悪戯っぽい表情で笑っている。そのままずっと笑いながら、凄く楽しそうで。ヒロトはいつも目を固く閉じるか、見開いて舌を出して威嚇するように歌っているから、こんなに優しく笑って歌う姿を初めて見た。その顔は、ヒロトのMCを笑って聞いてるマーシーにちょっと似てる。二人とも、とっても優しい目をしているんだよ。……フオオオオオTOKIMEKU!

だがしかーし!欲望ジャックは欲望剥き出し灼熱の歌!赤の照明にマーシーが奏でるサイレン音が焦燥感を煽り、あっという間にフロアは沸騰状態!ああ、ビロドオオオオ!と来ると思ったでしょう皆さん、さにあらず!なんということでしょう、この狂乱のヒロティストが、まさかの小林勝に目を奪われている…!なぜここでフルネーム?!(笑)

いやーーー、コビーカッチェーーなぁ!私の右隣はまたもや肉団子系男子だったため(チーン)、マーシーあんまり見えなかったんですよ。というか、ちょっと話それますけど、エースツアー肉団子多過ぎ!お前が言うななんですが、まぁ自分の肉団子は棚に上げて、ホント男性率高いし、しかもガッチリ柔道系なんだよね。なんでだろう?エースツアーの謎です。そんなわけで右は視界不良なのですが、左側は背の低い女子が多かったから、必然コビーが視界の隅に入ったのね。そしたら、hiroraku eyeがいきなりコビーをロックオン!

あれ?どうしたんだろう?今日はすごくコビーに目が行く。ヒロトが後ろ向いてるときだってヒロトの背中を見てるのに、左目がコビーを見たい誘惑を抑えられない。これは、窓枠の魔法?箱の作りがいいのかな?音も視界もやたらクリアなんだよね。そうすると良く見える、欲望ジャックの良くわからない手の動き、うつむいた背中、正確にリズムを刻む腕の筋肉。ときどき顔を上げて遠くを見るとき、何を考えているんだろう?

…ちょっとちょっと!コビーにここまでこのヒロティストの館のスペース割いたの初めてよ!快挙!理由はわからないけど、とにかくあの日のコビーはものごっつーカッコ良かった!やはり窓枠の魔法だな!

コビー
(うひょー!すごいよマサルさん!(昭和のギャグ)カッコいいーーヒューヒュー!)

そんなこんなで、エースロッカー7曲はヒロトとコビーを忙しなく交互に見て、ゴーゲバゴーでは肋骨の痛みも忘れて圧迫の中を飛び跳ね、ライオンとサンシャインのマーシークネクネダンスを見ようと右側に顔を向けるも肉団子に阻まれギギギという序盤戦。このライオンのときにハプニングが。私の前にいた女性(最前列のフォロワーさんのお姉さま)が、なんとリタイア!え?そんなに圧酷いかな?岐阜のユパ様状態に比べれば天国だよ?

なんか、CDJのときも名古屋の時も、私の前にいる女性ってリタイアするんだよね…え?まさかの私が原因?私、ライブ戦闘スキル高くなりすぎた?もしかしたらお姉さまに無駄に圧を掛けていたのではないかしら……もしそうなら、申し訳ありませんでした!(土下座)

リタイアのお姉さまの道を開けたり何だりしているうちに、ライオンは終了。こうして一人の犠牲者を出し、結局ヒロト前2列目に居座るhiroraku…恐ろしいスナイパー。一歩ヒロトに近づくと視界も変わる。手を伸ばせば触れる位置に来て、この狭い箱なら…と俄然広がる期待。いつも通り、アルバム7曲をノンストップで飛ばした後のブレイクタイム。いつの間にかTシャツも脱いでいて、白く輝くお肌が美しいですいつも通りに…(邪眼)

まぁ、こちらもいつも通りにウットリとヒロトを見ていたら、何を思ったか子どもが「プンプン!」怒ったような声色をして、中腰でぎこちない動きを。ヒロトは楽しそうに足踏みをしながら「ウン!ウン!…ウンチ!ウンチ!ウンチ!」となぜか連呼。

意味不明…!そんなヒロトもカワイイ~~と思っていたのに、こういう訳の分からない事をされると脳内発動する、ブログで磨かれた突っ込みスキル。

「何言ってんの」

………ハッ!脳内で、脳内で言うつもりだったのに、言葉に出てた!(49歳がウンチ連発て、あなた一体「何言ってんの?!」カワイイけど!)の「何言ってんの」だけが音声に!!シェーー!「何言ってんの~もぅ~(ハァト)」じゃないよ、めっちゃCoolに言い放ってしまった!しかも、フロア静かな時に響いちゃったコレ!みんな大好き甲本ヒロトの奇行に普通に突っ込むとか…そこは黙ってるところでしょうが空気読んで…!

その瞬間。シナプスが途切れて感情が追いつかない。その出来事に脳内処理が追いつかない。時空は捻じれ、時間がスローモーションで鮮明に過ぎていく。いつでもヒロトを見ていた私の眼に、ヒロトの眼が初めて、意志を持って焦点を合わせたその瞬間から…!私を見て、少し眉間にしわを寄せて、いつも遠くを見ているその眼が私だけを見て…。

「な、何言ってんのって…!ウンチだよ!ウンチ!わかったかあー!」

わかったかぁー…わかったかぁー…って…ん?ヒロトこっち見てるよ?笑ってる。目じりが垂れて皺が寄って、人懐っこくなるその顔が、いつでも何百人もの人に向けられているその顔が…!あれ?今、凄いこと起こった?なんか、今、私、もしかして…シナプスがオーバーヒートし感情が現実に追いついたその瞬間!

う、うう…うわああああああああああああああああああああああああああああ!ヒロトとしゃべったああああああああああああああああ!

全国のヒロティストの皆様!当ブログで狂乱のヒロティストの一人芝居を見守ってくださった皆様!やりました!ついに、ついにこのhiroraku、甲本ヒロトの視線と笑顔を独占し会話を交わしましたーーーー!わーわーわあああああああ!話の内容が「ウンチ」って(失笑)とか言っちゃダメ!内容はどうでもいいんです!いや、実際ホントどうでもいい内容ですけど!(笑)会話したという事実が重要じゃないですか!一人占め、視線とお言葉一人占めいただきましたーーーーー!我が生涯に一遍の悔いなし…!

らおう

うわうわうわ!と脳内がとっちらかっているところに始まったのは、コロッケ定食!うわーーーー!まさかの!大好き!大好きだよコロッケ定食!思考回路はショート、もうなんでもいいやぁ!だんだん良くなる~ホントに良くなる~!!

8曲目にしてすでにクライマックスが来てしまったのですが(笑)、その後も続々とクライマックスが…浜松恐るべし…!次はあれですよ、連結器!もう見るたびにエロスがK点を超えて行くアレ…!激しく腰突きをしてみたりお尻を向けてみたり指使いを見せてみたり何よりも例のアレが。「あ~~~もっと近くで~~~あ~~~感じたい~~~あ~~~~もっと優しく~~~♪」のところがもうねぇピーーーガガガピーピーガガ上から下へピピーちょっと咥えガガガ舌先でチロピピピウットリと眼をつぶり往復しちゃったりしてガガガ。コレ絶対に描写できませんて。R指定されますって!

ブログのコメントで、この一連の動作を「お手入れ」とおっしゃる方が。甲本さんの連結器はこのようにお手入れされているのですね~フムフムと。なんという淑女の上級ジョーク…!素敵です。私もこれから「お手入れ」使っていこうと思います。とりあえず、浜松のお手入れは入念でございました。ハァハァ…。

グリセリン・クイーン前のギターチェンジタイム、横目でやっと見えたマーシーは、最前列の人にピック配ってた。まさに言葉通り、道端でティッシュ配ってるバイトみたいに、普通にピックを配ってた。ビックリした。だから、私も初めてマーシーに手を伸ばしてピック頂戴!してみたけど、やはり無理でした。二兎を追うものは一兎をも得ず。マーシーに眼を奪われている隙に、ヒロトがコビー側に水撒いてる!あわわわ、岐阜では全部塗り壁に吸収されたお水!かけて、こっちにかけてええええかかったあああ(ダバーーーー)遮るものなく大分かかりました(笑)命の水やで~~~。そして、グリセリン・クイーンの音合わせでは、「コビーが好きな食べ物は~~~~餃子~~~~♪」と今特に必要ない情報を垂れ流していました(笑)

ラスト4曲になると、もうすぐライブも終わると寂しくなると同時に、ここで完全燃焼とさらに燃え上がるのですが、今回最高に熱くなったのは「雷雨決行」。エイトビートが終わりヒロトがハープを置いてマーシーの隣に音をとりに行く。それだけでも珍しいのに、マーシーもヒロトの方に寄っていき2人でイントロを合わせた後、なぜかこの日は2人がそのまま並んで雷雨決行を…!

スモークがたかれて逆光で、本当に暗闇の中を手さぐりで歌っているような演出。2人のシルエットは嵐に向かう弐艘の船のようで、それはまるで同じ灯台に導かれた運命共同体。28年前、22歳と21歳で出会った2人。四半世紀を超え、出会う前よりも長い年月を共にして、その間には悔しいこともやりきれない事も諍いもあっただろうけれど、やり残してきたことなどない、このまま前に進むだけと歌う。今まで聞いてきた雷雨決行の中で、本当にこの日の雷雨決行は感動的だった。この先もずっと、こうやって2人で、という決意表明のようだったよ。

ヒロトマーシー14
(だから笑ってりゃいいんだ 今日も明日も)

それなのに…!そんな感動的な2人のその横で、言いそびれたことがあるけどーーーワーーー!かき消されていく風の中ーーーウワーーイ!と遊んでるリズム隊自重…!視界に入って感動が台無しだよアンタたち…!(笑)

勝治1
(コビーを載せたから勝治も…と探していたらコレが。ガーゴイルのKATUJIさんは異次元…!)

こうして、感動と笑いの雷雨決行、盛り上がり最高潮のナンバーワン野郎で本編終了。しかし!ヒロトと会話と言う大事件で満足していたhirorakuにさらなる事件が…!続きはアンコール編で!

Comment

浜松GOOD~!!

こんばんは、コビーloveの雪月花です(*^_^*)
このヒロティストの館でここまでコビーが語られるとは(号泣)
ヒロラクさんありがとう~!!
でもね、今日のコビーはかっこよかったではなく、
い・つ・も、かっこいいんだよ(はぁと)
で、かっこいいだけでなく、フロアのファンをいっぱい見てくれたり、
そうかと思うと変顔したりとお茶目な所もあり目が離せません。
ただ、ピックを撒く枚数がマーシーに比べて少ないのが残念。
ツアーの後半になると段々増えるのですが…
真島社長に1ツアーこれだけって制限されているのかな(-_-;)

あ、ヒロトからのお言葉、おめでとう(^_^)v

No title

>>雪月花様
コメントありがとうございます!
コビー愛がコメントからあふれておりますよ~~~熱い!そ、そうでした。いつもカッコイイのでしたスイマセーーーン!(笑)←

コビーのピックが少ないのは、明らかに真島社長がピック撒き過ぎだからですね。きっと、スタッフさんが「コビーごめんよ。マーシーさんまたピック大目に注文しちゃって…今回も、これで我慢してくれ!」って頼んでるね。マーシー「50」とかピック頼んだら、澄ました顔で「500」にしてそうだもん(笑)でも、コビーはいい人だからね、許してくれてるんだよ~。

ハイ、妄想!(笑)こんなんばっかりですが、また遊びに来てください。そして、各地のライブハウスでまたお会いしましょう!

☆こんにちわ~

いつもありがとうございます。

浜松窓枠も昨日の甲府CONVICTIONもいい箱でしたね~。

あんなに小さいところで安すぎる料金で・・・・・・・・

ぼくたちは、なんて運が良いんだろうと。

また、世界一大好きな声と音を感じに行こーね~。
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。