09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月4日CLUB CITTA'川崎 ACE ROCKER TOUR 第10回 ~放送禁止より楽しいものは…~ 

あのとき君は~若かった~♪そうマチャアキも歌っておりますが、本当に若気の至りというか、若いっていうか去年の11月の私ですが、あのとき私はだいぶはしゃいでましたよ、クロマニヨンズのライブツアー!先行!今なら全部チケットとれるし絶対番号いいぜキャッホー!



というわけで、スペースシャワー先行と言う名のイープラ○で取った結果がこれだよ…!みたいな。○の位置の意味は問わないでください。いや、まぁまずまずの番号もあるので全てではないですが、なんにせよ、この先行に大いに煽られたのは言うまでもありません。

ウンボボでは、確か6か所くらいしか行かなかったんですよ。それが、エースツアー先行とツイッターでの「ここも行くー!」という仲間たちに煽られて、ここもいける!ここも!ここもー!で23か所(どーん)。爆発する流れ星です。それで実際行けるかと言うと、まぁ確かに行けるんだけど…この3月30日(金)甲府、4月1日(日)郡山、4日(水)川崎、7日(土)山形、8日(日)仙台のこれはね、いくらなんでも荒行でしたよhirorakuさん!11月のあなたはしゃぎすぎ!もはや自分で自分を苦しめて(ライブの)快感を得るセルフSMです自重!

で、4日の川崎。イープラ○でいち早く取ったチケットは1000番からのRoad to 甲本ヒロト。イープラ○お前って奴は…ギギギ…。でも、もはや新年度お仕事バリバリロッケンロー!あっという間の忙しさに、ライブすら間に合わないのでは?!というレベル。もう本当にギリギリガガンガン過ぎて、ゼハーゼハーと息切らして到着したころには、前説のお兄さんが「今ロックが立ち上がる時!そうだろー!」言ってました。ごめんねイープラ○。あなたが1番くれても、私、どうせ行けなかった。後悔のない番号にしてくれてありがとう。

Sold outではあるけれど、前に行こうと思えば5列目くらいまではスルスルと行けるなぁと思いつつ、もう走って疲れたし、まぁ広いからどうせお触りもできないし← 今日は久しぶりに後ろで暴れよう!

「ザ・クロマニヨンズです!」

……わぁヒロトだ…クネクネしてる。あ、やっぱり、ヒロトだ…あれがヒロトなんだ…ビ、ビロドオオオ!あれ?何度も見てるのに、もっと近くで、最前列で見たこともあるのに、何、この意味不明な感動…?涙まで滲んでいるんだけど?

なんだか、遠くで見るヒロトは、近くで見るよりも「やっと会えた」という現実感があって、なんだろう、もうこの夜はホントに、ステージ全部見られるのにヒロトからまったく目が離せませんでした。ほんの3日前に会ってお触りまでしてるのにね。なんで改めてこんなに感動しちゃってんのかしら?心って本当に不思議。

前々から言っておりますが、お触り~とか凝視~とか邪眼~とかピックプリ~ズ!とか、そういうライブの付属物に心奪われるのではなく、ライブの純粋な楽しさを体験したかったらフロアの中盤辺りが一番なんです。音に乗って体が踊って心が宇宙に飛んでいくロックンロール!しかも、この夜のセトリは大変則!

エースナンバー7曲連打の後、マーシーがいきなりボ・コスを始めるから、え?ここでボッチ?!と混乱。そうしたらヒロトが、「ステージでは着ていい服の数が決まっていて…マーシーが1枚着たから、僕は一枚脱がなければならないんです…。」って、それどんなルール?!(笑)甲本さん相変わらずお茶目やわ~。遠くから見てもカワイイカワイイ(遠方から裸のお体凝視)

マーシーが着てヒロトが脱ぐ絶妙に意味不明なコンビネーション、ボ・ギターが奏でる音色は…ああそうだ、もともとこの曲で着てたんだよね!お久しぶり!流線型!ツイッターのフォロワーさんにマーシー大好き流線型が大好きな男性がいて、真っ先にその人を思い出しました。九州でもやってくれるといいね!

流線型ときたらボニーですね!ボニーはね、フロアのクロマニアンが「ランボニーラン♪(ッア~~)」まで無駄に再現するのが大好き(笑)君ら流石のクロマニアンだなぁ!って楽しくなっちゃう。何であれ、大好きなものに心奪われている人たちは愉快で純粋でキラキラしていて、そんな人を見ているだけで思わず笑顔が零れるよ。

そして!なぜだか今日はくる予感がしていた渋滞!モンドロッチャツアー最初で最後の新木場で初めて聞いた渋滞、ヒロトが赤と緑のライトに照らされて夢を見てるみたいだったことを思い出した。そして、夢見心地は2年たった今も変わらないまま。

ヒロトはやっぱり、歌詞を間違えたりなんだか時々フラフラとしてる。郡山のときに新幹線で一緒に帰った、ブルーハーツ時代から2人を見続けているファンの方が「ヒロト、あれどっかおかしいよ」と言った言葉がずっと心の底でジクジクと燻っていて。まさかなぁ、大丈夫だよなぁ…きっとセトリが変わったから憶えられなかったんだよ、おじいちゃんだし!

そんな心配をしながらも底なしブルーからのアゲSong連打で肉団子達と激しい肉弾戦を繰り広げ、カレーでOiOiした後、驚いたことに!突然のエイトビート!え?ラスト4曲の定番「紙飛行機」カット?!フロアも意外な展開に「やべ!早くノらなきゃ本編終わる!」と焦ったのか、確かダイバーもいたような気がする。昔、新木場で見たあのエイトビートと同じ、ヒロトのハープの音に呼びこまれるようにフロアがヒロトに向かっていくうねり。それをまた見ることができた感動が胸に迫るエイトビートは、やっぱり、私にとって特別。

そして、郡山と同じ、本当にフラフラになってマーシーの元によろめくヒロト。それでも、地方の狭いステージとは違い、はっきりとした意志を持って傍に行っているとわかる足取り。そして、マーシーは…今まではヒロトの横で真っ直ぐ前を見て立っていたマーシーが、この日はヒロトの方を向いて、だからヒロトは、マーシーのギターに語りかけるように歌っていたし、マーシーはヒロトだけにギターを響かせているみたいで、もう本当に、この世で2人ぼっちみたいに歌ってた。

まるで2人は、枯葉のような船で覚悟を決めて漕ぎだした、10億年後もきっとこの海にいる船長と絶対に狂わない羅針盤。そう、ずっとこうして2人でやってきた、やり残したことなんかない。

そして、しがらみや未練や悔しさを断ち切るように前に進むギターが鳴った瞬間!ヒロトがセンターに……跳んだ!ああ、跳んでる!マーシーの傍にいたのにパーン!と一瞬でセンターに跳んだよ!羽が、羽が見える…!

自分が見た光景が映し出せればどんなにいいだろう、もう何日も前にことなのに、今でも雷雨決行の全てが鮮やかに思い出せる。ライブ盤では見ることができない、DVDでは震えるような心まで伝わらない、ライブのその場でその瞬間に生まれる感動。記憶は薄れても、感動は生き続ける。

この場面を見られたことだけで、私は、11月のはしゃぎ過ぎていた私に「グッジョオオオオブ!」とガッツリ親指を立てたよ!(笑) 荒行なんのその、そのときしか見えない景色があるんだもの。だから、機会がある人は、一度ライブに行ってみてほしいです。私が見た景色をこうして書いているように、あなたにしか見えない景色が、きっとそこにはあると思います。

随分と長い間アンコールを呼び掛けていたけど、感動は冷めやらず「凄いものを見た…」と興奮を抱えて爆発しそうな私の前に、いつもの通りTシャツを履いたヒロトが出てきて、いつもの通り子ヒロト様にご挨拶を…と思ったけど、遠くて子ヒロト様は発見できませんでした。あの距離で目視できたら、子ヒロト様の身に何らかの変化が起こってますから、流石にね(笑)大人のジョークでしたスイマセン。

ヒロトはこのときのMCで「昨日テレビで見た中国の赤ちゃんが、こんなの履いてたんよ。おしっこもウンチも垂れ流せて…便利じゃろ?」ってそのテレビ私知らんけど絶対その赤ちゃんよりカワウィイイイイイですからぁ!何その笑顔!赤ちゃんか甲本ヒロトしかあんな風には笑えないって、良く言ってくれたものだわその通りよ!

アンコール、ひそかに期待していた、絶対くると信じていたのは「メキシコの星」。甲府ボッチ、郡山49ccときて、ここ川崎でメヒコでしょう!それで、私のエースナンバーコンプリート!お願い、メヒコーーー!

ヒロトがマーシーを見て、勝治を見て、ヨシと頷いて…「uno! dos!」

き、き、キターーーーーーーーーーーーーーーー!メヒコ来たああああ!「ウォ~ラララ~ウォ~ラ・メヒコ~」うわぁーうわぁー…なんて気持ちいいのこの歌…!回るミラーボール、ゆったりと揺れるフロア、肉団子も暴れ馬もお触り隊も笑顔で肩を組みたくなるような、恋人同士なら手を繋ぎたくなるような…今時あんなピースフルな空間、イッツ・ア・スモールワールドぐらいしか存在しないよ!

「クヨクヨすんなよ 輝く星は メソメソすんなよ エストレージャ・デ・メヒコ」

マーシーが「だんだん良くなる」と言ってくれるように、ヒロトもこうして肩を叩いてくれる。ヒロトもマーシーもメッセージソングを歌わなくなったなんて、どうして言えるんだろう?それは、あなたが欲しい言葉ではないだけで、2人はこうして、親が子どもに伝えるように、生きていく大事なことを簡単な言葉で教えてくれているのに。

終演後、翌日も朝早く仕事だからと誰にも会わずに会場を出るとき、目の前に、汗だくになったワイシャツで片手にジャケットとカバンを持っているサラリーマンがいて。この人は、着替える間もなくここにきて、スーツを皺くちゃにしながら汗をかいて踊ってたんだ。そうやって一生懸命ギリギリまで働いて、なんとか時間を作って2人に、クロマニヨンズに会いに来たんだ。私もそうだよ一緒だよ、大好きなんだねと思ったら涙が出てきて。

仕事が辛くても、上司が嫌味でも、なんでこんなことしてるんだろうと自分に腹が立っても、クヨクヨしてても仕方ないしメソメソしてても解決しない。泣かないで、だんだん良くなるから、がんばれ。そんなメッセージを、ヒロトとマーシーから彼が受け取ってればいいなと思いながら、その背中に「お疲れ様、楽しかったね同志!」と心で声をかけました。

帰り道、やっぱり来てよかったなぁ、荒行だけどその価値はあったと記憶を反芻していたら、車内のどこからともなく視線を感じたのは、私だけ土砂降りに降られたような姿でニヤニヤしていたからでしょう(笑)

化粧ははげて髪もボサボサで、テレビなら放送禁止レベルの姿をさらしていたかもしれません…そんなときに思い出した今夜のヒロトのMC。「放送禁止用語言ってー!」という声に、「放送禁止用語?放送禁止用語…放送禁止用語聞きたい?よし、放送禁止用語だな…」

そうだよ、私はね、今すっごい楽しいことしてきたんだから!むしろ羨ましいと思ってほしいわ!女子力ゼロ・放送禁止でけっこうです!そんなつまんないモンは、こいつの前では吹っ飛ぶんだからね!そう、それは…記憶の中のヒロトと声を合わせて…

『ロックンローーーーール!』

ロックンロールの無敵感は女子力ポイントを減らすぜ!未来あるガールズはロックンロールの摂り過ぎにお気をつけて!私は気をつける必要がもう特にないから、次もロックンロール摂取に行っちゃうよ~~~山形へ!See You Next Live!

― 輝く星はきっと笑ってる ―



― セットリスト ―
1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシング・ポイント
4.ゴー ゲバー ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.流線型
9. 飛び乗れ!ボニー!
10.渋滞
11.あったかい
12.連結器よ永遠に
13.スピードとナイフ
14.グリセリン・クイーン
15.底なしブルー
16.ひらきっぱなし
17.オートバイと皮ジャンパーとカレー
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!
 
アンコール
1.メキシコの星
2.ギリギリガガンガン
3.弾丸ロック

Comment

こんにちは^^

わーい!!ブログ更新お待ちしてました~♪
次は山形と、あのミラクル仙台ですね★
うわーい♪

そして、突然の告白…いいでしょうか…。

あの あの 私…

新潟に行くことになりました…!

弾丸ロックならぬ 弾丸ジャーニーです。。。
朝出て 夜行 みたいな…。

で で よろしければ…
もしも よろしければ…

私もランチかお茶会ご一緒させていただけませんかーーー!?

でも私 ツイッター…よくわからんくて…
ツイートって何?リツイートって何?!
みたいになっているのですが(TT)

hirorakuさんはFB(facebook)はされていますか?
FBであればアカあります(TT)
ご覧いただければ人とナリが分かるようになっております…。

でもでも、もしもご一緒させていただけるならば
がんばってツイッターアカ取ります…!

コメントいただけますと幸いです。。。
個人的なコメントかつ、本当にご多忙なのに、申し訳ありません!
よろしくお願いします^^

No title

>>pico様

こんにちは!コメントありがとうございます^^

コメント返信もしていかなくちゃいかんのですが、なんせ荒行のブログがたまっていて…。それが終わってから皆様にはコメント返信させていただこうと、ちょっと甘えております。

が!pico様には急ぎお返事が必要と思いましたので、先にコメントいたします。

新潟参戦おめでとうございます!パフパフ~!(昭和の効果音)もうぜひぜひ、お茶会いたしましょう。私は13時着のバスで新潟に到着します。そして、夜行バス。一緒です^^

FBには手を出しておりませんのでツイッターだとありがたいですが、メールフォームに携帯アドレス等書いて送っていただければ、そちらで連絡を取ることもできますよ^

特にお茶会を決めてはいなかったのですが、ちょっと新潟行く人に声かけてみますね。誰もいなかったら、濃厚なヒロティストワールドを一人受け止める荒行となりますが…ご了承ください(笑)

それでは、あの奇跡の仙台まで頑張って書くぞー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライブに行くという事

>ライブ盤では見ることができない、DVDでは震えるような心まで伝わらない、ライブのその場でその瞬間に生まれる感動。記憶は薄れても、感動は生き続ける。

引用させていただくましたが、まさにその感動を得たくてライブに行くんですよ。私もまわりから「なんで同じライブに何回も行くの?」といわれますが同じライブなんて一つもありません。そしてその場でしか味わえない感動は、何年たっても色褪せません。それがあるからライブはやめられません(^^♪




No title

>>雪月花さま
御同意ありがとうございます!
ですよね~。ホント、ライブ見ないなんてもったいない!
ツイッターで「クロマニヨンズ見たい」「ヒロト見たい」って人いるけど、
見りゃいいじゃん!と。
そうお高くもないお値段で全国くまなく60本近くライブやるわけですから
見る機会なんて山ほどありますよね。
もったいないなぁと思います。

このブログを読んで、一人でも「ライブ行こう!」と思ってくれる人がいたら嬉しいなぁと思います^^

CLUB CITTA’ 川崎 4/4

hiuroraku様

この日は、マーシー側二列目でした。
甲府で送って下さった紳士、ヒロトを愛するかっこいいレディー、マーシーのピックを神業的にキャッチするフィギュア写真家さん...皆さんにお会い出来て、ご挨拶出来ました。

マーシーって美形で、今でも変わらず美形なんだって、改めて思いました。
綺麗な美しい輪郭、スッとした鼻の稜線、立てた髪の毛の一本一本。ライトの加減で逆光になって、くっきり浮かび上がって見えて..........ファンタジックですらありました。本当に美しかった........(*^▽^*)

流線型、この曲を聴くと、必ず稚内を思い出す。
ヒロトと向かい合っての 雷雨決行 も、底なし のおっさんゴーゴーなステップも、グリセリンのポーズキメるところも.......かっこよくてkawayusu

50歳の愛すべきロックンロール馬鹿に、ただただ魅了されっぱなしな夜でした。
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。