09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月14日秋田 Club SWINDLE ACE ROCKER TOUR 第13回 ~衝撃走る!ギリガンお触りタイムの乱!~

いや~…ここまでエースロッカー18回参戦しましたが、さすがにね、倒れました。4月の荒行、5月の北海道、長野と週末はほぼライブで平日は予想外にハードな仕事が祟り、大風邪をこじらせてノックアウト!まさに、試合に敗れたボクサーが控室でうなだれているあの感じ。心身ともにボコボコですよ…。



若い頃は、5月に風邪ひくとか1月に熱射病ぐらいありえないと思っていたのにねぇ。ちょっと無理するとガタがくるこの体、しっかりいたわりながら騙しながら、ツアー行脚もラストスパートをかけて行こうと思います。というわけで、グッタリ寝ている土曜の昼間に、こうしてブログを書いている次第でして。あの奇跡の札幌の前の2回、秋田と新潟レポをまとめましょう。さあ、もう一度脳内でライブが始まるよ…!思い出す秋田、あの衝撃のお触りタイム…!

そもそも秋田に行く予定は全然なかったのですが、3月末に私の祖母が盛岡の病院に入院!おばあちゃん大好きっ子(…子?)としては、ライブがなくてもお見舞いに行こうとは思っていましたが、クロマニヨンズ御一行もちょうど東北ツアー真っ最中じゃないですか!盛岡まで行くのかい?それなら、俺んとこ来ないか?One Night Carnivalしようぜ…というわけで~ヒロトに氣志團よろしく誘われたんで(脳内で)~もうしょうがないな~って、鼻息荒く金曜夜行バス→盛岡→新幹線→秋田→夜行バス→日曜日仕事の一人東北弾丸ツアーを敢行してまいりましたっ!いや…こんな生活続けてれば、そりゃそのうち倒れるでしょ(笑)

祖母のお見舞いを終えて秋田へ向かおうとしたとき、母から「盛岡にいる叔父さんの家に行け」という無茶ぶりをされ、新幹線の都合上、叔父さんの家に10分だけ立ち寄るという叔父さんにとっても「それはどうよ?!」的なイベントもありましたが(笑)、なんとか無事に秋田に到着!東京や関西からの顔なじみの遠征組とヤアヤアヤア!とライブ前に飲んだりして、ホント、この時間も含めてライブです!楽しい!

ブログに秋田の方からコメントをいただいて、「あなたのブログで勇気をもらってます」なんて言われちゃってヤダーもうそんな…そう?と凄く嬉しかったんだけど、よくよく考えると何の勇気?みたいな。あれかな、頭の残念な人って世の中にいるんだなぁ…俺はまだ大丈夫、的な感じ?それなら、多くの人を勇気づけていると思います(笑)その方ともライブ前にお会いしたかったのですが叶わず。小学生の息子さんと参戦されるガッチリ体型のお父様とのことでしたが、まぁ、小学生meets 狂乱のヒロティストはちょっと刺激が強過ぎるわよね…。

番号は60番台だったので、いつものヒロトとコビーの間3列目をゲット。これは、もしかしてもしかすると、押しで最前列に行けちゃう岐阜・郡山のパターン?と一人虎視眈眈と最前列を見据えていたのですが、その最前列に、無邪気にバーにぶらさがっている小学生ぐらいの男の子が。そして、その後ろでガッチリ体型の男性が男の子をバッチリガード。ああ、お父さんが息子さんを圧から守ろうとしてるんだ、これは「俺がお前を…」カップルとは違って許せるわぁ、小学生は圧に耐えられないもんね…って、あれ?もしかして…あれ?「…すいません、もしかしてブログにコメントをくださった…」『あーーーー!』というわけで、コメントをくださった方の息子さんは、狂乱のヒロティストの傍で本家狂乱の甲本ヒロトを最前列で見るという、刺激強過ぎて大人の階段3段跳びして立派なヒロティストになるわ!というライブデビューを果たしたのでした(笑)

キャパ350の秋田スウィンドル、圧の強さはキャパ1000人以上の関東も500人未満の東北も同じ。ヒロトとマーシーを、クロマニヨンズを待っていたよ!という数百人分の思いが背中にのしかかってくるのだからキツイのは当然で。前説で後ろからグイグイと押されるたびに、息子くんちゃんと最前列でヒロトを目に焼き付けてくれればいいな、お父さんは大丈夫かな、なんて考えていたけど・・・・・・ビロドオオオオオオ!!!始まっちゃったら知らんもんね!ビロドオオオオオ!(笑)

仙台では喉の調子が悪く、マーシーをチラチラと見ながらも全てスルーされていたヒロトですが!秋田ではスッカリ喉も回復し、体のキレもキレッキレ!うおおおお今日も圧倒的にお美しいですありがとうございますと心で拝みながら凝視敢行!でも、どんなに近くで見ても何度見ても凝視しても現実感がわかない。何よりも、目が。その目が映す世界は、きっと私が見ている世界とは違っている。交わることのない視線の先を追うと、私にはライブハウスの暗闇しか見えないそこに、きっと想像することもできない色のついた世界が、聴いたことのない音の鳴る世界があるのだろうなと思う。その世界と同じ色を、音を聴ける人はほとんどいないけど、マーシーはたぶんそれを見ている、どころかきっとそこにいる(笑)ライブを見ていてふと寂しくなるのは、あまりにも遠すぎるとはっきり分かるこの瞬間。遠すぎるから憧れて、何度も会いたくなるのだけど。

秋田ではこの寂しさを、なぜか一層強く感じました。観客は興奮し私もいつも通りビロドオオオオしていたけれど、連結器では「小学生が最前列にいますーーー!甲本さん自重して!」と照れながらいつも通り念入りなお手入れを凝視していたけれど、心のどこかで引っかかるものがあって。そんな、自分の中で今一つ弾けきれない感覚を抱えつつも、やはり自転車リンリンリンは別格でした。何度でも言いますよ、ホントにね、このレポを書いている5月19日現在でまだツアーライブ12本残ってますから、ミスチルドームツアー1年分ぐらいの回数ありますから!(笑)絶対1度は行ってコビーのシャウトを聞いてください是非!マサルさんに惚れますからコビーーー!

そして、最近の見どころの一つなっている雷雨決行の歌いだし。浜松から始まった2人が寄り添って歌う感動の名シーンですが、仙台から反応の薄いマーシーこと真島昌利。仙台アンコールボッチでのヒロトスルーにより狂乱のヒロティストの不興を買っている50歳会社社長ですが、ここが名誉挽回のチャンスですよ!ほら、「言いそびれたことがあるけど~♪」でヒロトが寄っていったよ!そこ、そこはきっちりヒロトを迎えてギターをこうヒロトに向けてって…えええええ?!アナタ何してんの?なんでそこで一歩後ずさりするのーーーー?!(笑)

もうね、もうhirorakuおかんむり。ヒロトがマーシーに寄り添おうとしたのに、真島ったら一歩あとずさりしてんの!ギギギ…ダメ、絶対!そしてね、さらに悲しいことにね、そんなマーシーにヒロトはさらに自分から2歩詰め寄ったの…(涙)なんていじらしいのでしょうかこの妖精。背中の羽がね、一瞬シュン…としたのを私は見逃さなかったよ!そして、またパタパタと羽をそよがせてそっと傍に寄っていった姿まで見届けたよ!というかhirorakuさん何が見えてたの大丈夫?!(笑)

前回の北海道レポで私がマーシーに上から目線でダメ出しを送っていたのには、このような理由があったからです。マーシーが後ずさりした時の私をたとえるなら、運動会のリレーで自分の息子が転んで抜かされていくのを目の当たりにした母ですよ。いや、母になったことないから実感ではないけど、なんかこう切ない辛い思い、わかってくださいます?真島さん頼みますよホント、真島さんいないとヒロトまた洞窟に籠るから、2度もバンド誘ったのあなたですから最後まで責任とって下さい!…ちょっと後ずさっただけでこんだけ言われるんだから、マーシーも気の毒に(笑)まぁ、狂乱のヒロティストですから!ドンマイマーシー!

こうして真島ギギギ…のまま本編終了。あのシュンとして2歩詰め寄るヒロトをリフレインしては、ああ、可哀想にマーシーは悪いねぇ…と坊主頭を撫でてあげたくなる。まぁ、完全に余計な御世話なんですが(笑)いいの、私にはこういう世界が見えてるの!

そして始まったアンコール。川崎で初めてメヒコを聴いて以来すっかりメヒコの虜、あれをまた聴きたい!と願っていましたが、あ、ヒロトが手にハープ持ってる。ということは…49cc!もう何度も聴いて、初めて渋谷AXで聴いた時の感動はだいぶ薄れているこの歌。人間とは贅沢なもので、慣れてしまうと初めての気持ちを持続させることは中々に難しい…。でも、そんな聴き慣れた歌をぼんやりと聴いていたら、はっきりと気がついた。ライブに夢中になりきれない、霞のように一枚心を覆っていた寂しさは、祖母に会ったことだったんだと。

祖母は頭のいい人だったから、今の自分の姿が本当に辛いんだろう。長い年月、子どもを一生懸命育てて、先だった夫の後を守って、悪いこともせず誰も傷つけず生きてきたのに、どうしてこんなことになるんだろう。人が生きていく意味ってなんだろう…。でも、「なんにでもどんなものにでも 何かわけがあるかもな」と歌われた時、ああ、きっと祖母にも私にも、今、どんな形でも生きていることにはきっと意味があるんだと。これがヒロトの歌。それは、小学生の子供でもわかる簡単な言葉で書かれた真理。満天の星を天体望遠鏡で見るのと同じ、遠かったものが目の前に迫ってくるような、わからなかったことに一瞬で気がつくような、そんな言葉の力。

寂しさが涙になって溢れだしたように後から後から流れて、何が悲しいかわからなくなった子どものように泣きじゃくって、もしヒロトが私を見ていたら、なんでそんなに泣いてるの?と思うだろうけど、私の涙にはちゃんと意味がある。そういうことなんだろう。人にはわからない自分だけの意味が、人生にはきっとあるんだ。

泣くだけ泣いたらすっきりして、この日初めて心から笑えて。さぁ、ラスト2曲!ここで完全燃焼するぞ~~~!今日はお触り隊に入隊できないけど…ギリガンがくるよ~~~!最前列の皆さん心の準備は大丈夫~~~?!ヒロトのお触りタイムが始まるよ!!と、今までの分も取り返すべくテンション高めに始まったギリガン、今日は最高!と心から言えて良かった、本当に良かった。ヒロトはいつもちゃんと答えを見せてくれる。それを受け取るか拒否するかはこちら次第で、いつでも自分の答えを教えてくれる。ああ、なんて素晴らしい人…いや、妖精…と普段の2倍ウットリしてだいぶ気持ち悪い視線をヒロトに送っている中!来ましたお触りタ~~~~イムって…どええええええ?!

…あ、あ、頭?!え?頭触ってる何あの人頭触ってる坊主頭グリグリと何してんの?え?なんで頭触っていいの撫でていいの腕にお触りぐらいだったよ今まで。え?頭?え?それアリなの?いくらなんでもそれはギギギ…って、え?別に嫌がってない?それは、甲本的にもオールOK!なの?KMレボリューションなの?甲本レボリューション?K.M.R?


(日本でこのホットパンツはいていいのは稲葉さんとタカノリさんと中山きんにくんぐらいかしら)

いやいや甲本さんは確かにあらゆる意味で出すとこ出して胸を刺激する妖精ですけども!頭て!四捨五入で50歳の男の頭撫でていいの?わあああああそれアリなんだ!ギャーーー絶対触るじゃん絶対触らずにはいられないじゃんそんなん北海道で触るじゃん最前列だもん10番台前半のチケット持ってるもん坊主頭グリグリするしかないじゃんウワーーー!ビロドオオオオオ!

完全にテンションメーターMAX超えました。3分前まで「人生には意味がある…」とか泣いていた人の固い決意が「北海道でヒロトの坊主頭撫でくり回したる」ですから、人生の意味って、何かね…。北海道編を先にアップしたので、ヒロトの頭撫でくり回すってhiorakuさん流石に気持ち悪いです…と思った方もいらしたでしょうが、こういう訳だったのです。先に撫でくり回している人がいたんですよ!まぁ、この話したところで気持ち悪さはたいして改善されませんが!(笑)いや~…北海道で撫でくり回せてよかった…(思い出し幸せ中)

えっと…秋田のレポはこんな感じです(笑)1か月も前のライブで印象に残ったことだけを突出して書いたらこんなことになりました。中盤にしんみりエピソードがある分、最終部分の変態性が際立っておりますが、この歪みもまたhirorakuということで。ひびが入らないと卵は割れないのと同じ、人も歪んでひび割れてる部分から新しい何かが生まれるんだよ!この歪みが奇跡を呼び込んだんだよ!たぶん!(笑)

旅する変態が次に目指すのは新潟!去年はスカスカだったというから、私が行かなきゃ誰が行くと勢い込んでチケットとったらSold Outの上に自分は300番台という、スペースシャワーTV先行という名のイープラ○…ギギギ…という新潟の旅はこの後すぐ!See Yon Next Live!

― セットリスト ―
1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシング・ポイント
4.ゴー ゲバ ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.連結器よ永遠に
9.ムーンベイビー
10.あったかい
11.スピードとナイフ
12.自転車リンリンリン
13.グリセリン・クイーン
14.底なしブルー
15.ひらきっぱなし
16.オートバイと皮ジャンパーとカレー
17.紙飛行機
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!
 
アンコール
1.49cc
2.ギリギリガガンガン
3.弾丸ロック

Comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年4月14日秋田 Club SWINDLE ACE ROCKER TOUR 第13回 ~衝撃走る!ギリガンお触りタイムの乱!~】

いや~…ここまでエースロッカー18回参戦しましたが、さすがにね、倒れました。4月の荒行、5月の北海道、長野と週末はほぼライブで平日は予想外にハードな仕事が祟り、大風邪をこじらせてノックアウト!まさに、試合に敗れたボクサーが控室でうなだれているあの感じ。心身...

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。