09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年5月12日松本Sound hall aC ACE ROCKER TOUR 第17回 ~hiroraku、觔斗雲に乗る~

ライブレポを書くのはもう一度ライブを体験することに等しい。だからいつも、レポを書くのが楽しみで仕方ないわけですが、今回の松本2DAYSほどレポを書くのが恥ずかしくていたたまれない気持ちは初めてです…。2日間ともね、hirorakuさんカラカラ音たてて全力で空回っておりました。できれば書きたくない、再体験したくない、が、しかし!ここで私が包み隠さずその感情を晒すことで、人間が調子に乗るとどういう末路が待っているか、その警鐘を鳴らすことになるんじゃないかしら?そんな犠牲的精神、もしくは「恥の多い生涯を送ってきました…」と語る太宰治よろしく「人間失格」でお届けする松本レポ。みなさまどうぞ、石を投げずに最後まで見届けてあげてください、ここから先は、人間の恥の樹海であります!



今回も、浜松と甲府まで車を出してくださった紳士におんぶに抱っこで、男女4人がゴーゴーゴー!ゴーゲバゴー!道中楽しく松本に到着すると、なんと、私の泊まるホテルが信じられないほどライブハウスに近い!そして、考えられないほどボロい!(笑)安いわけだよ…と、開閉蓋が壊れて真下にしか温風が行かないヒーターに苦笑し、30度に設定してもまったく温まらない部屋でゴロゴロとライブの開場時間を待っておりました。

北海道最前列で人生最高の夜を経験してしまったわけですから、もうここからは謙虚にライブを楽しもうと。最前列に行けるチケットを、私はもう持ってない。だから、自分に与えられた番号で行ける場所で、出来る限り楽しく暴れよう!本当に、ここまでの私は謙虚だったんです。中盤以降でワクワクとその時を待ってね、よーーーしオバチャン踊っちゃうぞーーーー!とアキレス腱伸ばしたりしてたわけですよ。

そして、幕の降りた松本の夜!ヒロトーーーーわーーーーヒロトーーーって全然見えねーーー!(笑)周りは全部男性で、隙間なくミッシリモッシュ!まぁいいわ、これはこれで自由に暴れてやるぜヒロトーーー!お姿が見えないならばお声を聴こうと邪眼を封印して耳を澄ますと、ヒロトの声が真っ直ぐ心に届いてくる。宮本浩次さんの男らしいけれど憂いも含んだ声、吉井和哉さんや斉藤和義さんの体を包み込むような絡みつくようなエロティックな声、斉藤さんはそこに少し棘があるかな?そして、奥田民生さんの上手い、ひたすら上手い伸びやで軽やかな声、山口隆さんのブルドーザーですべてをなぎ倒すような声、チバユウスケやベンジーの真似のできない色気を漂わせる声…声に顔の見えるボーカリストは本当に素晴らしい。そんな綺羅星のように輝くボーカリストの中で、どんなに遠くにいてもその声が聞こえれば弾丸のように一発で真っ直ぐ心を撃ちかれる…そんな声を持っているのは甲本ヒロトただ一人…!

もうね、ちょっと泣いたよね声聴いただけで。しかも別に10年ぶりとかじゃなくて1週間前にもさんざん聴いてる上に、姿が見えなくてもここまでキッチリ感極まれるわけですから、前でも後でもどこでもいいですよ私はホント、幸せ者ですよ(笑)

ツイッターで「今日はゲバっちゃうぜ~~!」と宣言した通り、塗り壁系男子に囲まれてゴーゲバゴー!どのレポでも絶対この部分に触れてるけど、ホントに面白いんだからさ!清志郎さんのYEAH!や宮本さんのエビバデ!みたいに、必ず挟む間投詞がないヒロトだからこそ、稀に言う「オーライ!」とか「オーイェ!」がたたたたまらなくカッチョイーーーー!わけですよ。だから、ゴーゲバゴーのチャチャッチャ~「オーライッ!」がね!もうね!オーーラアアアアイ!って一緒に叫びたくなるねコレ!もう何度オーライ来ても、そのたびに来たーーーー!ってアドレナリン全開で喜ぶからね、ホント私って幸せ者…馬鹿?(笑)

また言うけどね、このレポをアップする5月20日時点でライブはあと12か所あるからさ、EXILEのドームツアーの数ぐらいやるからさ!(笑)一度は見たほうがいいと思うんですよ。あなたもゲバってみたらいかがですかどうですか!

ああ、ここまでは本当に楽しかった…。そして、ここから。そう、エースナンバー7曲が終わって、ヒロトがTシャツを脱ぐ(ヒューヒュー)お色直しで一旦仕切り押すMCね、ここで松本の夜の運命が変わった…。ここからね、私の気持ちを追体験してみてください。人間、調子に乗るとどんだけ有頂天になるか身をもって知ることができます(笑)

この話には前振りがあって。ほら、私、1週間前に北海道でハープ貰ったじゃないですか。だからね、そりゃあもうお手紙書きますよね。ハープをくださって、ありがとうございましたって。そんで、ちょっと御礼の品なんて添えてみたりしますよね。それを、開演前にスタッフさんに預けたんです。甲本さんにお渡しくださいって。でね、私は書いてたんです。「もうヒロトさん前の最前列で見られるような良番はないので、松本2DAYSは後ろで楽しんできます」って。

それで、MCになってヒロトが言うんですよ。ヒロトがほぼ言ったままの言葉で書きますよ。

「今日は前の方にブサイクな人が集められて、だんだん後ろに行くと綺麗な人がいるんだなぁ。特にあそこらへん(マーシー側を指差して)がブサイクだな!(笑)(最前列を見て)ん?何、ここに来いって言われたの?うん、そうかー。(超いい笑顔)」
「僕もたいてい自分がヘンテコだと思ってます。ロックンロールを聴いてるとヘンテコになる。だから、自分のことヘンテコだなぁーって思ったらどんどん前の方来ていいんよ!」

…ゴメンネ!もう先に謝るから下座るから、大地に額をすりつけて土下座するから石投げないで!ヒロトが最前列の人をブサイクーとかブスーとか弄るの良くやるじゃん?その良くやる一夜が偶々この日にヒットしちゃったわけだけどもさ…何もこの日に言わんでも、言わんでほしかったわ…だって、そのおかげでさ…ううっ恥ずかしい…いや、ダメだこれ以上は恥ずかしくて書けない。だから、皆さんご自分で私の感情を補ってください。言わんでもわかるでしょ?ね?ドラムロール付きでね!ドロロロロロオオオオ!ジャジャーン!って心にファンファーレが轟いたもん!おーい!謙虚どこいったあああ!(笑)

人間調子に乗るとこれですよ。北海道であんなことがあってから、なんかもう終始酔っぱらってるような多幸感があったんですよね。調子にのっちゃダメだって気をつけてたんだけど、やっぱり嬉しさが抑え切れなくて。自意識過剰になってたんです。だから、もう何言われても何されても、一瞬で觔斗雲に乗ってとんぼ返りする孫悟空ですよ。フワッフワですよ。有頂天です。だからこそ、松本2日目にあんなことがあったんだろうな…戒めです。お前、調子に乗るなよ(ぶっ飛ばすぞ)という神様の鉄槌だったのでしょう。

どうでしょう、追体験できたでしょうか?「もうやだーーーちょっとやだーーー甲本さんたらやだーーーそんなもう……ビロドオオオオオオ!キャー!(照照照)」ですよ!(笑)

えっと…松本第一夜のレポは、これでおしまいです!(どーーーーーん!)どんだけだよ!どんだけ有頂天?!怖っ…怖いよ!いや、もうちょっと書こう。一人悶絶してライブほとんどまともに聴けなかったけど、もうちょっとは覚えてる。

この日も自転車リンリンリンでは大スパーク!周りの塗り壁系男子に負けじと、両手を振り上げてギャーーーコビーーーー!って叫んできた。そしたら、そんなん私しかいなかった(笑)いいんです、もうこれがないと始まらない締まらない!エイトビートでは、私が2年前に新木場の後ろから見た光景がそこに。ヒロトのハープに引き寄せられて前のめりな放射線となる人達、この歌の力はあのときからずっと変わらないんだなぁと、棒立ちになってそれを見ていました。本当に感動すると動きたくない。何もしたくない。一人になって、心から感動が漏れ出さないようにずっと胸を抑えていたい、そんな気持ちになる。マーシーが「ロックンロールが降ってきた日」で同じことを言っていて、そうだよね、わかるよって、何か、嬉しかったなぁ。

ナンバーワン野郎のハープの音を聞けば、あの時を思い出す。ヒロトは全く見えないけれど、目の前の背中に何度も何度もあの場面を映して、世界が無音になった瞬間を思いだす。

そして、アンコールはまたも49㏄!秋田からここまで、49cc・49cc・49cc、メヒコ、49cc…ってもう196ccじゃん!溢れてるって!(笑)でも、松本の小さいライブハウスで回った安っぽいミラーボールは、49ccでクルクルと回ったその光は、「安っぽい夢が輝けば もう何もかも捨てて行くよ」とマーシーが語った言葉そのもので、哀しいほど偽物なのに、本物みたいに綺麗だった。小さいライブハウスのミラーボールは、ちょびっとした不安は照らさないでくれる。だから、全てを照らしだす大ホールのシャンデリアより、ずっと優しかったよ。

さて、憶えているのはここまで(笑)あとはもう、ビロドオオオいやーーーーそんなもうーーーーいやーーービロドオオオオ!の脳内リフレインですからオメデタイ!ヤッホー!完全にキまっちゃってる(脳内が)!本当にね、骨身を晒して恥を忍んでレポいたしました。笑ってください…。でもね、こんな自意識過剰な誇大妄想も許してください。おかげで松本2日目は大変でしたから。ちゃんと罰を受けましたから。前振りですよこれが。つくづく、hiroraku歩けば事件にぶち当たってもんどりうって坂道を転げ落ちる!ネタが尽きないですねぇ…。ゴロゴロと転がり落ちて心が痣だらけのhirorakuさん、さぁ松本2日目にいったい何が?!次回、松本第2夜「hiroraku、覚醒」お楽しみに!


― セットリスト ―

1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシング・ポイント
4.ゴー ゲバ ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.連結器よ永遠に
9.伝書鳩
10.あったかい
11.スピードとナイフ
12.自転車リンリンリン
13.グリセリン・クイーン
14.底なしブルー
15.ひらきっぱなし
16.オートバイと皮ジャンパーとカレー
17.紙飛行機
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!

アンコール

21.49cc
22.ギリギリガガンガン
23.弾丸ロック

Comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年5月12日松本Sound hall aC ACE ROCKER TOUR 第17回 ~hiroraku、

ライブレポを書くのはもう一度ライブを体験することに等しい。だからいつも、レポを書くのが楽しみで仕方ないわけですが、今回の松本2DAYSほどレポを書くのが恥ずかしくていたたまれない気持ちは初めてです…。2日間ともね、hirorakuさんカラカラ音たてて全力で空回ってお...

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。