12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年6月2日 栃木県教育会館 ACE ROCKER TOUR     第21回 ~奥歯ツルッツルやでしかし!~

竜宮城は座間にあった座間す…!というわけで、座間の余韻を引きずりまくって日々を過ごした5月最終週。平日の千葉市民会館は言わずもがな、6月前半は週末もミッチリ仕事が入っていたので、栃木・京都・大阪、すべて遠征圏内ですが泣く泣く断念していました。でもね、人は明確な目標か制御不能な情熱があれば、限界を突破するのです。そう、この狂乱のヒロティストのように…。



とりあえず仕事忙しいから!最高のライブは日々の労働から!と、座間からフワッフワしながらも一応仕事モードに切り替えて、慌ただしい日々を過ごしていたhirorakuさん。行けないライブはツイッターのレポを読んで妄想ライブをしましょうと、31日千葉市民会館のレポを楽しみにしていました。

そして当日、まず目に飛び込んだのは「ヒロトが客席に降りてきた」。ほうほう、座間でも降りました。ええなぁ、まぁでも想定内。次に「ヒロトがお客さんの頭を撫でていた」…えええ?!チックショーーー大津の乱の再来か!思えば「ギギギィィ」はあれから始まったんだ!ええなぁええなぁ…ヒロトに頭ナデナデされたいです!まぁ、でも、これもアリだな。…ん?なになに?ヒロトが?最前列の人に?子ヒロト様を?触れと?ん?それで、お客さんが、子ヒロト様を…触っただとおおおおキェェェェェェェなんだそりゃーーー?!っていうか…なんだそりゃーーーーーーーー!(失神)

事の顛末は、連結器の際、ヒロトが目の前にいた5歳ぐらいの少女に、「子ヒロト触っていいんだぜ~~」というジェスチャーを何度もして、少女がチョンチョンと(もちろんGパン越しで)つついたら、「ええ子やのう」という感じで頭を撫でてあげたと。そして、最前列を練り歩いて子ヒロト様お触り放題となり、マーシー前の女子にはお尻を触らせていたと…なぜ!なぜそれを座間でやらないィィィィギギギギィィィィ!やはり、座間での私の妖気がただ事ならざるものだったのでしょうか…魔界転生的なオーラを発していたのでしょうか…無念でなりません!(血走った目で)

でもさぁーそんなさぁーーー前代未聞の大サービスをさぁーーーというか、もう御乱心レベルでしょ?!Gパン越しとはいえ子ヒロト様お触りって、もう「甲本ヒロトはなぜ逮捕されないのか」で論文発表したいよ!その論文書き終えるまで逮捕されないでね!とりあえず、論文書くために見に行かなくちゃ!御乱心の甲本さんをーーーー!

というわけで、栃木にやってきました(どーーーーーーん!)

もうね、制御不能な情熱ですよ!5月31日の夜にhiroraku御乱心、1日にチケットお譲りしますと連絡が入り、2日は仕事即栃木!ヒラヒラスカートのフワッフワシャツという、クロマニヨンズライブ舐めてんのかオラ!と一喝されそうな女子力MAXスタイルで登場ですよ!(特に女子力発揮されてはいないけど)格好なんかどうでもいい、ヒロトが見たい。ただそれだけ他には何も。

またもやフォロワーさんのご好意により、今度はなんとマーシー側8列目!もう私、完全にマシマニアンじゃないですかピック飛ばしてよ社長!8列目よろしく!(無理)良席なうえに私の隣の席には誰も来ないという、なんかもうスイマセン突発的に来たのに誰よりも楽しんじゃいマーーース!みたいなシチュエーション。甲本ヒロト御乱心をこの目で見で、ギギギの舞を思う存分舞ってやるわ!

その前に、座間から連続マーシー側というは、きっとマシマニアンの神様が「もうちょっと真島の記事書いたらピックやるから」と私を誘惑しているに違いないので、身持ちが堅過ぎて人生捩れて捻じれた私ですが(笑)、神様の誘惑にはホイホイ乗ってやろうと。

『ヒロティストは見た!今日の真島昌利』

栃木の真島はね~身体のキレがなんか尋常じゃなくキレッキレでした。座間の①~⑥のアクションがさらにオーバー気味になって、あの「早送りだろ」と囁かれるリンダリンダPVを思わせるピョン跳ねもご披露!哀しきかな、あまり打点は高くありませんでしたが、50歳だから。打点高くして着地したら骨折れたとか困るからね。あと、柴田恭平ステップが更に華麗に!ロングバージョン!スピードとナイフや底なしなんて、「熱ッ!アッッツ!アッ!アツ!アッアッアッ!アッツァ熱いって言ってんだろうがー!」ジャーン!みたいな、ステップ踏むかギター弾くかどっちかにしなさいよ!と後ろからパーンとハリセンではたきたくなる忙しなさでしたよ(笑)

あとね、最高に笑ったのが恋の餌撒きタイム。栃木でも座間同様に遠くまで意欲的に放っていましたが、なぜか!ピッチャー大きく振りかぶって!投げたぁ!最前列に!…いや待って、なんで全力で最前列に投球すんの?!最前列の人も「痛ッ!」って言うわ!(笑)その無駄な肩の使い方に、お腹の底から爆笑しました。マーシーおもろすぎる…!

ヒロトはあんな感じだけど、案外弄りにくい。キャラを完全に作ってるからだと思うのです。ヒロトは作為が一周して妖精になった稀有な例。あの人凄い策士だと私は思ってるからね。でも、マーシーは完全に天然だよね。マシマニアンから見ると違うのかもしれないけど、マーシーにはまったく作為がない。だから、マーシー弄りはとっても楽しい(笑)ところが、作詞の面になるとこの立場が逆転するのがまた興味深く…長くなるので、この考察はまたいつか。

さて、マーシー弄りも一段落したところで…いよいよ書き残しますよ、甲本ヒロト御乱心!hirorakuの奥歯受難の記録!

何か事が起こるのは、いつも甲本ヒロトストリップショータイムから。ライブ開始から30分、早くもその時はやってきました…!またどうでもいいMC「栃木県…教育…カ・イ・カ・ン~(by薬師丸ひろ子)」とか言っちゃうから、ハイハイ昭和昭和と適当に流して脳内突っ込みしていたところ、Tシャツのテープを指差し、本日は「栃木教育会館の『ト』だよ~」と。完全に油断してフーンと何も意識せずステージを見ていたら、ヒロトが「ト」をペリペリとはがし、ステージ前方に歩いて行って…え、まさか、まさかまさか何しちゃうの甲本さんどうしちゃうのソレまさかアレするつもりですかどうですか!

「君がTシャツにそれをつけててくれれば、栃木に来たなぁってわかるから。ちゃんと、そうそう、つけててくれよ~。」

ギィヤァァァァァァそうきたか!そーうきーたかーーーー!ギギギギギィィィ!そして、その女性が自分の名前をヒロトに言った?のか、笑いながら語気を強くして「君の名前がデブ山デブヨだろうがブス山ブス子だろうが、俺には関係ない!」とツンツン!おお、僕のためにテープ貼っておくれよ~とデレてからのツン!とかわしておいて~~~その女性が手を差し出すと、ニッコリ笑ってガッチリ握手!ヒョオオオオオ(バタン)49歳の見事なツンデレにhirorakuの奥歯が危ない!すでに半分すり減っておりますギギギィィ!

心と奥歯に深いダメージを受けるhirorakuさん、この傷心を癒やすのはあの歌しかないわ……って、キタアアアア!コロッケ定食!キャッホーーー!スチャスチャスチャスチャ♪だんだん良くなる~~~♪この歌、ホンッとに名曲だよね!コロッケ定食とメヒコをエンドレスで流したら、世界平和が達成されると思うの。

「だんだん良くなる」「クヨクヨすんなよ」「メソメソすんなよ」…教祖が信者に与えるメッセージじゃない、リーダーが部下を励ます言葉じゃない、与えるでもなく、励ますでもなく、傍にいる感じ。メッセージ性を排除とかプリミティブへの回帰とか、そんな難しい言葉で飾られる歌じゃない。もっと簡単な言葉で、そう、クロマニヨンズの歌には、親が子供の頭を撫でるような愛があるんだよ、私はそう思うよ。

そして、愛と言えばーーーー連結器!(WAO!)きたでコレ千葉市民会館での甲本ヒロト御乱心、子ヒロト様お触り事件!ここ栃木では…栃木ではーーーー?!「アソコーーーーオウオウ!」とボーカル&お客さんで頭の螺子何個かとれてるに違いない大合唱をかましてからの、ギターソロタイムッ!マーシーが最前列に迫りまくってますが私には全然迫りまくってないので、座間とは違うのよ!その手は食わないわ…と真島にニヒルな笑いをお見舞いし、鼻息荒くヒロトを凝視!すると…ハワワワワヒロトが!ヒロトが最前列の男性の前に腰をー突き出してーーー右手で子ヒロト様を「ホレ、触んなさいよ」てな感じで指差してーーー!アイツ!アイツ触りやがった結構ガッツリバックリ触りやがったあああギギギィィィ!

それにOh~的な反応をしてさらにマーシー側に腰をくねらせて歩み寄り~~~女性たちにお尻突き出してお触りさせてるるるるる!甲本さん…なぜそれを座間でやらない…!私か?!私の妖気なのか?!いやでも実際さ、お願いです!子ヒロト様触らせてください!お尻でもいい!…って地面に額を連打して血まみれになるような女には触らせたくないよね(笑)

いや~とにかく甲本さん御乱心。私の奥歯バッキバキ。来たかいがあった…ぜ…!(マゾヒズムの極致)あ、でも、栃木に来たおかげで連結器の究極30禁パフォーマンス床プレイは拝見いたしましたフガフガ。ええ、確かにエロティックでもあったのですが、それ以上に、そんな勢いまだあんの?!的な、もはやギャグだろという腰使い!素敵な夜にあんなんされたら爆笑してしまうわ!グラインド激し過ぎるだろ!(爆笑)そんな、ある意味期待以上の床プレイ!あれを最前列で見ていたややコビーよりの方たちに激しくギギギィィィ!もう奥歯から香ばしい匂いが…!

もうね、マーシー側8列目でしたけどね、私の体の角度は完全に中央向かって左斜め前方45度でしたから。もうヒロトしか見えない。なんなのあの妖精の御乱心耐えきれないわギギギギィィ!(瞬きせず)でもね、アレだけは別よ。コビイイイイイイイイ!来ました自転車リンリンリン!私の体の角度が中央向かって左斜め前方120度になるー!もうマーシーに背中向けてるこの感じ、なかなかマーシー側でお目にかかることできませんよ!座間であんだけピックゥゥゥゥとおねだりしといてこのザマ。そりゃマーシーに容易に擬態を見破られるよね(笑)

さて、もうライブレポならぬギギギレポと化しておりますが、ギギギはまだまだ続くんだぜ…どんだけ栃木!最近のアンコール演出なのでしょうか、ステージ中央で向き合いタオルを掲げて2人だけでハイタッチするヒロトとマーシー。だからそれは楽屋でやりなさいよと、意味不明な行動に萌え萌えと油断していたら!謎演出を終えてステージに向き直ったヒロトが、ニコニコしながら連結器で子ヒロト様をナデナデした男性に近づいて…彼はずっと、クロマニヨンズまったく関係ない小さなハンドタオルをブンブン振りまわしてヒロトにアッピールしていたんだけど、それを手に取りなんと!子ヒロト様を拭くジェスチャーをして彼に返却…!キィィィィギギギギギィィィ!!!アンタ子ヒロト様のなんなのさ!2度も…2度もーーーー!そして、ギリガンでは恒例の巻いて~巻いて~~最前列タッチ!に加えて頭を突き出してのナデナデタイム……Ohマイガッ…。

…いかがでしたでしょうか、こちらが甲本ヒロト御乱心の一部始終でございます。これら全てを8列目で見た私の奥歯、お察しいただけますか。ええ、完全にツルッツルのスケートリンクです。真央ちゃんも4回転ジャンプ華麗に決めますよギギギギィィィィ!おっと、あまりのギギギにすっかり忘れていましたが、私は、自ら望んでここに来たのでした。そう、甲本ヒロトの御乱心を見届けにね!もうね、お望み通りのギギギィィ過剰摂取させていただきました栃木ありがとう…!(ギラついた目で)。

「ホールなんてさぁ、席も決まってるし最前列なんて取れるわけないしモッシュもないし、別にいいよね~~。なんて思って渋谷公会堂1枚しかとらなかった昨年11月の私。お前は間違っている、完全に…!」と、予告と同じネームを繰り返したくなるほど、甲本ヒロトの御乱心サービスに完膚なきまでに叩きのめされたホールツアーの全レポート、これにて終了です。ホントにね、もう来年はホールにガンガン参戦する所存です。最前列に行ければ最高ですけど、とにかく、狂乱のヒロティストとして一つでも多く御乱心を見届ける覚悟ですよ!ギギギィィィ!

ここで仮定の話を一つ。ねぇねぇヒロラクさん、もし栃木ライブをヒロト前最前列で見られるとしたら、座間と栃木とどっちに行きたい?と聞かれたとしましょう。皆さま、私はどちらに行くと思われますか?やっぱり子ヒロト様にもお触り放題の栃木?ノンノン。私は迷いなく座間を選びます。やっぱりね、「君といつまでも」が聴けたあの座間が、私のホールツアーナンバーワンです。だって、ヒロトの一番の魅力は、子ヒロト様じゃなくて歌声だもの。いや、キリッと言うほどの決め台詞じゃないな、当たり前のことだよね(笑)

30年近く日本に響き続けている歌。リンダリンダが、トレイントレインが、情熱の薔薇が、人にやさしくが、日曜日よりの使者が、青春が、ナンバーワン野郎が…歌っている人を知らなくても、その歌声はいつも私達の傍に流れている。そんなヒロトの声が宝だということに一番初めに気がついて、あっという間に自分のものにしてしまったのがマーシーで。

ツイッターで教えてもらったマーシーの言葉。マーシーには今も、カセットテープで「がんばれのうた」を聴いた時の衝撃が、ずっとそのままあるのかなぁなんて。マーシーにとってヒロトの声は自分の声なんだろう、きっと。マーシーは、こんなことを言っていたそうです。この言葉が、ホールツアーの感動の全てです。本当に座間でのヒロトのあの歌声は、奇跡だったんだよ。

『マーシーさんにはもっと歌ってほしいから一緒に飲むとよく「またソロやってくださいよ」って言うけど、「クロマニヨンズでヒロトがあれだけ歌えるんだから、今はいいんじゃない?」って…。美学があるんでしょうね。』(斉藤和義氏のファンクラブ会報より)

― その声はずっと 僕の心に刺さったまま ―



― セットリスト ―

1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシングポイント
4.ゴー・ゲバ・ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.コロッケ定食
9.伝書鳩
10.連結器よ永遠に
11.自転車リンリンリン
12.スピードとナイフ
13.グリセリンクイーン
14.底なしブルー
15.ひらきっぱなし
16.オートバイと皮ジャンパーとカレー
17.紙飛行機
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!

アンコール

21.メキシコの星
22.突撃ロック
23.ギリギリガガンガン
24.弾丸ロック

Comment

ま…ましま…

hirorakuさん、こんばんは。
今日のレポート作成はあきらめました、picoです(ちーん)

>「熱ッ!アッッツ!アッ!アツ!アッアッアッ!アッツァ熱いって言ってんだろうがー!」ジャーン!

ダメ…!コメントしながらまだ笑いが止まらない!おなか痛い!ちょ…腸捻転にさせる気だな~もー!!

いつも描写が上手~。しかもきっちり覚えていらっしゃる…!!
その記憶力ちょっとでいいので分けてつかあさい…!!

だ…ダメ…笑いすぎだよ私、栃木でそれを見ちゃったからますます…。





…出直してきます!(><)ちーん


⇒…出直しました。(えー)

昔、街ではブルーハーツの曲が耳に届いていたけれど、

私が、はじめてきちんと最後まで聞いたヒロトの歌は
「人にやさしく」
でした。

2004年になって、ライブを(フェスでしたが)見に行こうと思った一番最初のきっかけは
ゲームセンターで遊んだギターのゲームで弾いた
「人にやさしく」
でした。

そのゲームは当然ヒロトの声じゃなくて。
彼はもうハイロウズだったけれど、
機会があったら彼の歌を、もう一度聞いてみたいと思ったんです。

それを思い出しました。

だから、なんとなく、真島の衝撃が分かるような気がします。

がんばれのうたを聞いたら
いろいろな思いで胸がいっぱいになりました。

あ、いじりについての考察、超同意です(笑)
論文、ぜひよろしくお願いします(笑)

No title

わあああああ
なんなんですか、その感動的な締めくくり(/_;)・・・!!
奥歯ツルッツルなのに、30禁なのに、そう仰っておいてからのその感動的な締めくくり。笑いまくって読んでたのに、最後に泣かされました。。。
もうヒロトとマーシーしか見えない。本気で。
どうもありがとうございました!!

天然マーシーが好き💘

hirorakuさん、初めまして

マシマニアンの てれきゃす と言います。

いつもhirorakuさんのクロマニヨンズ爆笑ライブレポ(で良かったですよね?)楽しみにしています。

特に最近のマーシー弄り…もうおかしくて、遂に初コメしてしまいました(笑)

なかなかライブを見に行けない私はhirorakuさんの臨場感溢れるレポで脳内ライブを繰り広げてます。
ホントおもしろ過ぎ、表現力ハンパ無いっす(爆笑)

そんな私ですが、今週末Zepp Nagoyaで半年以上ぶりにクロマニヨンズライブに参戦するので、
hirorakuさんの書いたマーシーの見所を頭に叩き込んで、しっかりと堪能して来ようと思っています♪

もちろん「アッアッアッ、アッツ熱いて言ってんだろーが!ジャーン!!」もみてきますよ~

ところで、hirirakuさんは名古屋に行かれますか?
もしよろしければ…お会いできませんか?(ぽっ💗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>picoさま
いつもコメントありがとうございます^^

マーシーの「思い出は熱いトタン屋根の舞」は絶品だね!真島弄りがいあり過ぎ。そして、ピコさん腸捻転とか笑いすぎ(笑)嬉しいです^^

ヒロトの声は、細胞レベルで懐かしさ暖かさひたむきさを思い出させるエナジーの源。その声を自分の横でずっと響かせるマーシーは、強欲でセンチメンタルでロマンティックな独裁者。やっぱり真島にゃかなわない><そして、そんなマーシーの横にいる、発条仕掛けのガラス細工なヒロトが大好きです^^

>>ジェムさま
いつもコメントありがとうございます^^

もうヒロトとマーシーしか見えないですか、しかも本気ですか。大歓迎です!私は三年前からその状態でしたよ。そして、今、こんなことに(笑)ジェムさんもぜひ、私の後を追ってください。新しい世界が見えますよ。幸せかどうかはわかりませんが…楽しきことだけは太鼓判です!^^

>>てれきゃすさま
初コメントありがとうございます!

マシマニアンの方に当ブログを読んでいただくのは大変心苦しいと昔から思っていましたが、今回、やっとfeaturing Masatoshi Mashimaをアップできて、マシマニアンの皆さまに喜んでいただけてることが嬉しいです^^

マーシーはライブ中見どころ満載ですから!お見逃しのないようガン見を推奨します。①~⑥のパターンを憶えておけば、さらに楽しさ倍増間違いなし!(笑)

もちろん、私も名古屋に行きますよ!ぜひぜひお会いしましょう^^連絡先をくださったとのことですが、どこにあるわからないので><申し訳ありませんが、ツイッターで私にリプをくださいますとありがたいです^^

ではでは、名古屋で!

初めまして、ゆうと言います。いつもhirorakuさんの臨場感溢れるライブレポート楽しみに読ませて頂いてます。

今回の栃木県教育会館編もとても面白く、また、とても感動しました。

そこで、ふと思ったのですが、マーシーがヒロトの事大好きなのは良く分かるのですが、ヒロトはどうなんだろう?と、やっぱりマーシーがそうであるように、ヒロトもマシマニアンの中のマシマニアンなのかなぁと(笑)

ヒロトとマーシーの関係性もミステリアスで、そこも二人の魅力なのかなぁ、と野暮かと思いながら色々想像してしまいます。

そこらへんのhirorakuの考察もいつか知りたいなぁと勝手に思いながら、これからもブログ楽しみにしてます。

それでは、長々と失礼しました。m(__)m

No title

>>ゆうさま
初コメントありがとうございます!
いつも読んでくださっていたとは、嬉しいです^^

ヒロトとマーシーの関係、これはもう神様からの贈り物。凡人では推し量ることのできない魂の相棒と言えますでしょう!
で、ヒロトは一体マシマニアンなのか…?というと、私は「NO」と答えます。誤解なきように説明すれば、ヒロトはマーシーがいなければダメな人ですし(本人もインタビューで言っています)、マーシーのことは大好きだと思いますよ。

ただ、いわゆる「ヒロティスト」「マシマニアン」のように、自らの意志でその人を選んで熱狂しているかというと、そうは思えない。ヒロトは自分からマーシーに「さようなら」とは言わないけど、マーシーが「さようなら」といえば、さようならとすぐに答えると思います。あの人は、自分の意志でマーシーを選んだわけじゃない。マーシーに選ばれて、傍にいるというのが近い。誰とでもそういう距離を作っている人なんじゃないかなぁと思います。

何故この考察に至ったかは、また機会がありましたら^^
いつか書こうと思いますので、ぜひ遊びに来てください!

はじめまして

初めまして。Sakuraと申します。
一年くらい前からクロマニアンの仲間入りをさせていただいております。
所謂、ブルーハーツ世代なのですが、当時は飲み友達がカラオケで歌っているのを楽しく聞いている感じでした。一応、微妙に跳ねてみたりしてた感じで。

あるきっかけで、ハイロウズ、ブルハ、と追って行き、クロマニヨンズにたどり着いて、hirorakusさんのブログを楽しく訪問させていただいています。(結構日課になってる感じかも、ストーカー?)
最近はどっちのファンかわからなくなるほど、ブログにはまってしまってます!
通勤電車で吹き出してしまいそうになり、辛いことがかなり。。。

レポ、あまりに楽しそうで、ライブに行かなくては!と思い、かなり勇気が必要だったのですが、渋谷公会堂に初参戦しました!(ライブハウスなんて怖くてAXは申し込むのも出来ず。。)
本物を見たら、感動して泣いてしまうかも、と想像していたのですが、あの雰囲気に圧倒されてしまい、感動より驚きが大きくて、残念ながら(?)感動の涙は流せませんでした。そして、ライブってこんなに楽しいんだって!!
そして、勇気を出してライブハウスデビューをするはずだった新木場は、先行予約は外れてしまい、一般は全然ダメで、デビューはかないませんでした。とほほ。

宇都宮はのフェスには参戦予定です。出来たらお会いしたいなぁ♪
これからも’変態’レポ楽しみにしております!
初めてのコメントなのに乱文、長文で失礼いたしました。

No title

>>Sakuraさま
初コメントありがとうございます!^^
おお、ブルーハーツ世代!同志ですね、よろしくお願いいたします。
私も、カラオケでリンダリンダ・トレイントレインを何度皆で歌ったことか(笑)そして、きっかけがあってクロマニアンになるに至る…同じ経緯をたどっているようです^^

ブログにそこまでハマってくださったとは!嬉しい限りです、ありがとうございます^^何より、レポを読んでライブに参戦してくださったなんて…光栄です;;私も、初めてヒロトとマーシーを見たときは、現実の存在に思えなくてまったく泣けませんでした。そして、ライブが終わって一人帰る電車の中で、あのブルーハーツの人達に会えたんだ…と号泣しました。私が初参戦した場所、そこが新木場コーストです。

Sakuraさまもぜひ!新木場でデビューを飾っていただきたい!というわけで、チケットがおそらく2枚ご用意できます。お友達も誘って、いかがでしょうか?メールした内容とは違って、コースト会場でお渡しできそうです。もしよろしければぜひ、スタンディングデビューを飾ってください!^^

もちろん、ベリテンにも行きますよ~~~。そちらでもぜひ、一緒に楽しみましょう!変態の狂乱を目撃してください(笑)
Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年6月2日 栃木県教育会館 ACE ROCKER TOUR     第21回 ~奥歯ツルッツルやでしかし!~】

竜宮城は座間にあった座間す…!というわけで、座間の余韻を引きずりまくって日々を過ごした5月最終週。平日の千葉市民会館は言わずもがな、6月前半は週末もミッチリ仕事が入っていたので、栃木・京都・大阪、すべて遠征圏内ですが泣く泣く断念していました。でもね、人は...

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。