06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年6月16日福岡DRUM LOGOS ACE ROCKER TOUR 第22回 ~ヒロティストMeets小林勝~

そういえば先週の今頃は、ACE ROCKER TOUR FINAL沖縄でステーキ食べてましたね。ああ、あれから一週間…夢は終わったけどまだ私は夢の中…まだまだ夢から覚めない気マンマンであります!そう、私には使命がある。私が見たものを、聴いた音を、震えた感動を、お触りした感触を、伝説を書き残すという使命が…!



一部表記に乱れがございましたが(お触りあたり)、私の脳内ライブはまだ終わってないですよ。九州、名古屋、新木場、沖縄とツアーはまだ四本も残ってる!まずは、初上陸の九州福岡。博多どんたく明太ラーメン水炊きおいどん西郷どん!イメージ的には濃厚民族な九州にはるばる行って参りました!いや~楽しかったなコレ!

まずは遠征恒例、hiroraku九州ぶらり旅。九州と言えば豚骨ラーメンでございましょう!というわけで、こちら。一風堂総本店のみに許された特別な「白丸元味」

きゅうしゅう

濃厚~~スープが濃厚~~。コーンポタージュのようでした。一杯なら大満足!ですが、2日続けて食べるのはちょっと…という、ラーメン界の松崎しげる的なコクを感じました。

しげる

そして「水炊き」!ヒロトもマーシーも大好きで福岡は水炊き!みたいなことをインタビューで読んだ記憶もある、念願の一品。

きゅうしゅう1

こちらは一転さらっと~~スープがさらっと~~。あ!いっけね、塩入れ忘れた(テヘ)なクラムチャウダーのようでした。だがしかし!ほろほろと口の中でほぐれる鳥肉とポン酢のハーモニーに舌鼓を打った後、鳥の出汁がしっかり出た残りのスープに塩胡椒を加えポン酢と一緒にご飯の上かけると…う、美味あああい!あっさりしている中にもパンチの利いたこの妙味、まさに鳥料理界の山下達郎。熟練の技です。

たつろう
(歌も御尊顔もあっさりした中にパンチが効いております)

観光では、太宰府天満宮で飛梅を見て感涙したり

きゅうしゅう2

竈門神社で割と本気で縁結びを祈願したり

きゅうしゅう3

ご覧の通り、旅情満喫。ライブ後はフォロワーさんと飲み会まであり(というか、フォロワーさんにお会いするために九州に行ったようなものです)、大変充実した九州旅行でした!

さて、旅行話はここまでにして、ライブレポと参りますか!おお、脳内に蘇ってくるあの光景…あの目…じっと見つめ返されて…目の前に立って…ああ、あの人は……小林勝!(ええええーーー?!)ヒ、ヒロラクさんどうしたの?!栃木でヒロトの御乱心を見ておかしくなったの?!気を、気を確かに持ってーー!と驚かれた方もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫。私は正気です。

九州は399番だったので、ヒロト前は厳しいかな~いやいやここは、ぐぐぐいっと安定の3列目までは食い込んじゃおうかな~~なんて会場に入ったら!ヒロト前が黒山の人だかり!人がいっぱいいるというより…黒い山みたいにデカイ男ばっかりだよ!しかもここは九州。君達九州男児でしょ?なんかもう西郷どんの集団じゃないですか。女ばいらんですたい!三歩下がっておいどんの影を踏むなですたい!(適当な方言と偏見に満ちた男性観)

ちょっとこれは…と5列目ぐらいで躊躇していた時、左側前方2列目に見えた馴染みの顔。そうあれは、コビー女王のSさん!私、Sさん大好きなんですよね。本物だから。よし、今日はSさんの見ている景色を見てみよう!というわけで、小走りにSさんの後ろ三列目にスタンバイし二人でニヤリ。おお、コビーが近いぜ…流石です。愛です。

いつもヒロト前なので、前説の椎名さんからの圧には慣れてます。コビー側はどうだい?来いよ九州!どんな圧にも負けるつもりはないぜ!あ、椎名さんきたーーー!って、え?圧…どこ?あれ?何と意外なことに、後ろから一切圧が来ない!というか、横から来てる!何で横からなのかしら~~?と、やや眉間にしわを寄せて右横を見ると…ヒロト前の黒山が蠢いているーー!危なかった、ヒロト前いたら死んでた…なんだあの地獄絵図!ヒロト前から脱落した人がコビー側に流れてきてるじゃないですか!

こうして横からの圧に流されるという前代未聞の展開から、何気なくさりげなく2列目に潜り込むという狡猾さを見せる猛者hiroraku(笑) 目の前が小柄な女性だったため視界良好なステージを見渡し、私もこうしてライブを重ねてスキルアップしていくんだなぁ…と妙な感慨にふけっていました。

そして始まりました!エース!ロッカー!わーーーコビーきたああ!近ッ!近い!あああヒロトオオオオオちょっと遠いけど今日も素敵よ登場1秒で素敵MAXですビロドオオオオ!もう22回見てるのに、このヒロト登場時の私のテンションピークです(笑)でも、ちょっとヒロト髪伸びてて、もう丸坊主って感じじゃなかった。私、ヒロトの丸坊主が大好きだから「丸刈り希望」と念を送っておきました。

ヒロトMAXとはいえ、なんせコビー前ですから、欲望ジャックがヤバし!あのイントロの左手!ドゥルルドゥルルドゥルルドゥルルドゥイイイインッ!!(ギャー!)ンッダ・ンダダンッダダンッダダンッダダ…コビィイイィィイイィイ!フオオオオカッコいいです勝さん!1秒で素敵MAXの甲本さんここまで一瞬も見ない!(笑)これイカンでしょヒロティストとして!いやーでも、あのベースに惚れない女子もまたイカンでしょ、惚れていきましょうよそこは!ああ、でもすぐにね「ラス・フォー・ロッケンロー!」の連呼でビロドオオオってなるんですが。忙しないわ私!

定番のエースナンバーが終了し、今日の日替わりは…あ、ヒロトがハープ持ってる。ムーンベイビーかな?…わぁお!この乱暴に吹き鳴らす悪いハープはーーー!「はさんじゃうぜーーー!」最高!大好き!今力出さなければいつ力出すんだよ、なんにでもなれるんだぜなんだってできるんだぜ、大好き!そのあとなぜ「クワガタ行くぜ~」になるのかわからんけど、マーシー(笑)大槻ケンヂがクロマニヨンズのライブに来て「ロックも突き詰めるとここまで行くのか!虫の歌歌ってた!」と驚愕したというクワガタの歌がこちらです(笑)

からの~お久しぶり!ムーンベイビー!自分の曲にはギターソロを入れないでハープソロは仕込むというヒロト酷使に定評のある真島さん、ヒロトさん息上がるからやめたげてよ!しかもあなた、ニヤニヤ笑ってちょっと軽快にステップ踏んでるじゃないですか!ギター弾けやああああ!

あ、そういえば、日替わり曲の前、恒例のストリップ&胸のシールをプレゼントのサービスタイムね。今回は胸になぜか「フク」って貼ってた。そして、シールを指差してヒロト前の2人に(これ。これ今から渡すから、その胸のところに、そうそう、これ貼ってな)とでも言うようなジェスチャー&愛コンタクト…いや、アイコンタクト。何そのマウンドのピッチャーみたいなさ、二人だけの秘密のサイン的な、最前列の客は女房役かっ!私にもコンタクトしてくださいコネクトしてくださいフクくださいーーーーギギギィィィイ!コビーがうっかり歯ぎしりに気づくんじゃないかと思うほどの激しいギギギもヒロトには届かず、目の前のお2人がまさに福をいただいていました。いいなぁ…。

そして、ヒロティストお待ちかねの「連結器よ永遠に」!渋谷AXでは腰振り程度だったパフォーマンスはライブを重ねるごとに進化し、入念なマイクのお手入れから激しい床プレイまで!おお、本日もお手入れと床プレイでしょうか、凝視させていただきます…と、高性能の一眼レフに匹敵するhiroraku eyeを見開いてシャッターチャンスを待っていたわけです。「あ~もっと近くで~~」でお手入れきましたーーー(カシャッカシャッ)本日のお手入れも心のフィルムに焼きつけてと。さぁ、次は床プレイですねどんとこい!って…え?あら?そこ?そこで?それアンプ…いや…それ…ヒィッ…(息を飲んで)

あー…床プレイは笑えたけどそれは…それは…アンプに手を掛けて後ろから…それバッ…いやいやいや、ちょっと言葉にするのも恥ず…もうモロあからさまにバッ…ちょっとちょっと!このブログ未成年も読んでるから!んもーいやーーーーー甲本さんやめて恥ずかしいです私恥ずかしいですそんなエロティックなバッ(カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ)←心のフィルムに連写し過ぎ(笑)そんな驚愕赤面悶絶激写のアンププレイ…コビー側だったからヒロトの顔が見えて…フオオオオオオ!九州だけに豚骨のようなコッテリとしたバッ…ごちそうさまでございました…!

ヒロトの反則ギリギリアンププレイに完全に心奪われましたが、ここから小林勝の快進撃が始まるわけですね!仙台のレポにも書いたんだけど、とにかくコビーはよくお客さんを見てる。最前列の人はほとんど見てるんじゃないかな?私は2列目だったけど視界良好だったから何度も目が合ったよ、勘違いじゃなく!ウンウンと頷くとウンウンと返してくれるし、じっと見れば見つめ返してくれるから!さらに、じーっと見るとじーっと見つめ返してきて離さないので、あろうことかファンがアーティストから目をそむけるという事態が発生します(笑)

九州ではコビーのいい顔発見。ちょいちょいと勝治を見て、あれはリズムを合わせてるのかな?それとも、楽しくてアイコンタクトしてるのかな?細い目をもっと細めて、下を向いて、フッと遠慮がちに笑うんだよ。笑顔を言葉で表現するなら、勝治「いける?これでいける?いけるで!よっしゃ!(ハハハ)」、コビー「うん、いいんじゃない?(フッ)」、ヒロト「ええなぁ、楽しいなぁ、みんなも楽しいか?俺はとっても楽しいんよ(ニコッ)」、マーシー「俺が一番楽すぅーーーい!(ニヤ~~ッ)」こんな感じです(笑)男として渋い笑顔はコビーに決定ですね!マイエンジェルはヒロトですが(ウヘヘ)

コビー1
(こんな満面の笑顔も素敵ねコビー!)

そんなこんなでコビーに目を奪われて気がつけばグリセリンクイーン。ここでヒロトの水撒きタイム!おおお~~~来たよ~~来たよ~~私がコビーに目を奪われていたから、「俺はここにいるんだぜ?」とアッピールしに来たのね甲本さん!ゴメンね!もうガン見するから!あなただけガン見凝視するから!(お水ダバーー!)妄想に冷や水掛けられたわけじゃないから。これは愛の力水だから。hirorakuさん可哀想言わないの!

ああ、顔面に水を浴びせられても近くで見る甲本さんはやはり妖精です。こちらまでお越しくださって、ありがとうございます。と、ここで事件が。マーシー側に遠ざかる背中を見つめて、白い背中だなぁ綺麗だなぁと溜息をついていると…空になったボトルに口をつけて「アレ?なくなっちゃったぁ」的に振って…マーシー側最前列にィィィ!渡したぁ!ちょ…!あの子たちマーシーのピック取り放題な上にヒロトの口つけたペットボトルゲットですとギギギィィィィキーーーッ!コビー側からの死光線も及ばず、ペットボトルは人の波にのまれていきました。あれをいつかゲットするんだ…(ギラついた目で)

そこからはもうラストまで飛ばしていくいつものコース。今回、せっかくコビー前なのに自転車がなかったのが本当に残念!あのシャウトを目前で感じたかった。そうだ、勝治のことも。あの人ホントに阿修羅みたいに腕6本あるとしか思えないよね。ドカドカズコズコどこで音出してんのかわかんない!本業のガーゴイルだと要塞みたいなドラムセットで演奏しているみたいだから、もっと神業なんだろうなぁ。

で、もう顔をくしゃくしゃにして一生懸命叩いているから、しんどいんだろうな、きついよなと思ってたんだけど、コビーがチラッと勝治を見たら瞬時にわざと真顔になってんの。その顔見てコビー笑ってたけど…あれ?勝治別にきつくない?笑いをとりに行くとか全然余裕じゃね…?(笑)ホント、タフな人なんだなぁ。勝治と言えば雷雨決行での万歳パフォーマンス!今ではお客さんも待ってる感じで、もはや雷雨決行はヒロトとマーシーの感動の絆から、ヒロトの熱唱をBGMに勝治とコビーと盛り上がる歌になりつつあります(笑)そんな、タフでお茶目なドラマーに心から敬礼!

アンコールは49cc、何度聴いても「なんにでもどんなものにでも 何かわけがあるかもな」で涙が滲む。いろんな言いたいことを削って削って生まれた、誰も傷つけずに輝く小さなダイヤモンドみたいな言葉。そして、突撃ロックの「永遠です!」。ヒロトがこの言葉を選んだ訳を知りたいけど、ラストの「永遠」のリフレインとメロディを聴くとそんなことはどうでもよくなって、きっと何かわけがあったんだろうと、そっと触れずにそのままにしておこうと思うのです

しかし、そんなセンティメンタルな気持ちをあっさりリセットしてしまう「ギリガンお触りタイム~~~」パフパフッ!(昭和の効果音)コードを巻いて巻いて巻いて端から端までタッチ!もちろん私もターーーッチ!そして、ヒロトはアンプを超えてヒロト前のステージ縁に座り、足をバタバタさせてお触りされてチクショーヒロト前最前列いいなぁギギギギィィィ!もうライブに歌聴きに来てるのかお触りに来てるのか、目的がおかしなことになってるような(笑)そんな感じでもいいんです。どんな感じでもいい、自分の楽しみ方でいい、そうして誰よりも一番楽しむのですギギギィ!(笑)

アンコールラスト弾丸ロックで、コビーが残りのピックを撒き始めた!最前列のお兄さんに手渡ししたり、マーシーより明らかに遠くに飛ばしたり。コビーのピックは10枚ぐらいしかないから激戦だしいいなぁ羨ましいと思っていたら!ここで小林勝が驚きの行動に!ベース弾きながらこっちに歩いてきて~私の目の前で止まって~ベベベンベーン♪ポーン!て投げたああ!目の前直球ストレート!元ソフトボール部hiroraku、弾丸ピックを両手でガッチリキャッチーーー!何これ小林さん私にダイレクトアタックですか?愛のダイレクトキャッチ?困る~私にはヒロトが…困る~~~!(どうでもいい)

コビーからの愛を受け取ってしまい、すっかり目がハートのhirorakuさん。ああ、もうお腹いっぱい胸いっぱいと思っていたら…え?ヒロトがこっち来る?!おお、最後のファンサービスですか!ワーワーワービロドオオオオオ!目の前!そこ!笑ってるうう!ターッチターッチターーーーチ!わー三回もハイタッチしちゃったキャーーーヒロトーーーヒロトオオオオ……。ほんともう忙しないったらありゃしないよ!(笑)

マーシーが「またね」と言ってもヒロトは帰らず、ステージをゆっくりと進んで前列のファンと何度もハイタッチをしていました。そして、ステージ中央に戻って…高くジャーンプ&お尻ペローーーン!(爆笑)子どもかっ!Tシャツ下げてお尻見せてピョコンとジャンプする49歳、そんな生き物がもう愛しい!狂おしいほど愛おしいです…!(笑)

私の手の中にはコビーのピック、目の前には嬉しそうなヒロト(とお尻)。凄く楽しかったんだろうね、いいステージだったのかな。満足したのかな。私も満足、大満足だよ!そうして余韻に浸ってしばらくぼんやりとしていたら、突然「おお!」という歓声が。何?と横を見るとみんな上を見ていて。慌てて顔を上げたら4人が2階のバルコニーからフロアに手を振っている!ロゴスは2階に楽屋があるのかな?いつも最後はそうしてファンに手を振って終わるのだそうです。

歩きながらのわずかな時間だけど手を振って応えてくれるその姿を見たとき、ステージより遠いのに気持ちの距離は凄く近くに感じて。ファンとアーティストというより、一緒に楽しいことをした友達、夕方まで公園で泥だらけになって遊んだ友達と「また明日ね!」って約束したような、どうしてだろう、そんな暖かい気持ちになりました。

そこに行かなければ見えない景色がある。それを見なければ味わえない感動がある。そんな景色を感動をいっぱい見たい、何度でも感じたい。そこに行かなければ会えない人にも会いたいし、ライブだけじゃない色んな景色も見たい。だから、私は遠くまで旅をするのです。色んな景色とたくさんの仲間と胸いっぱいの感動をくれた九州。本当に本当に、九州に行って良かった!ありがとう!

さぁ、お次は名古屋!2月以来の名古屋リターンズ!アンコールのうめぇをDisってから一回りしてここまで来ました(笑)残り少ないACE TOUR、hirorakuさんのチケット番号は…1006番!(どーーん)ここから撒き返すことができるのか?!次回「1000番からのRoad to …」See you next live!


― セットリスト ―

1.他には何も
2.欲望ジャック
3.バニシングポイント
4.ゴー・ゲバ・ゴー
5.シャイニング
6.ハル
7.ライオンとサンシャイン
8.はさんじゃうぜ
9.ムーンベイビー
10.あったかい
11.連結器よ永遠に
12.スピードとナイフ
13.グリセリンクイーン
14.底なしブルー
15.ひらきっぱなし
16.オートバイと皮ジャンパーとカレー
17.紙飛行機
18.エイトビート
19.雷雨決行
20.ナンバーワン野郎!

アンコール

21.49cc
22.突撃ロック
23.ギリギリガガンガン
24.弾丸ロック

Comment

待ってました!

待ってました!パフパフっ! 笑
休憩に入ったら、更新されてて嬉しかったです!
私はだいたいコビー側で観るので、時々、心奪われそうになってしまいます。でも、ヒロトの笑顔には誰もかないませんよねぇ★
ヒロトファン目線のブログで、雑誌のライブレポより、楽しく読ませてもらってます!
次も楽しみです!!

No title

>>1975nami さま
いつもコメントありがとうございます!パフパフ~^^

いやーこのツアーでコビー開眼しました。次の名古屋ではさらなる奇跡が待ち受けておりますので、お楽しみに^^
でも、ヒロトが近くに来るとあっさりヒロティストに戻るのですが(笑)誰もヒロトにはかなわないですよ、本当に!

日本中数あるブログの中でも、ヒロトファン目線過ぎる自覚があります(笑)雑誌ではここまで贔屓できないですしね!音楽知識もない、ほぼヒロトーとしか叫んでない偏ったレポですが、お楽しみいただけているなら嬉しいです^^
また遊びに来てください!

嗚呼

LUST FOR ROCK'N ROLL !

次のLIVE参戦はどこに成るのかの
楽しみだな嗚呼

No title

>>jimini_henさま
コメントありがとうございます^^
すっかりお返事遅くなって申し訳ありませんでした><

次のライブ、私は福山ですよ!
旦那様はどこかしら~次のツアーかしら?
そのころにはミニマニヨンくんもお外で一緒に聞けるかな?
奥様も参加できるかな!
ミニマニヨンくんに会える日を楽しみにしているよ^^

No title

8月になり、あのツアーからもう1ヶ月以上たってしまいましたね。
今改めてこのブログを読んで、あの時のライブが蘇ってきました。
ほんと、ヒロラクさんの文章力に脱帽です(*^_^*)
福岡、本当に楽しかったなぁ~(^^♪
ダイレクトキャッチできるなんて、あの時もギギギでしたけど、
また読み返してギギギしちゃった(笑)
私なんて、どんくさくてダイレクトキャッチなんて数える位しかない(^_^;)

No title

こんにちは
ヒロラクさんのライブレポートをいつも楽しく読ませてもらっています。
福岡は私も参戦しました!
でも子連れ参戦のため前には行けず、黒山の人だかりで大好きなヒロトもよく見えずだったので、あの時ああだったのか…としみじみ読みました。

いつか私も思いっきり前に行ってヒロトのご尊顔を拝見したいものです。
それまではヒロラクさんのブログで疑似体験させてもらいますね(*´ω`)ノ
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。