09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・新アルバム発売企画「全問正解できるかな?!どっちの曲でSHOW!~YETI vs CROMAGNON編~」

「私たち、普通の女の子に戻ります…!」のキャンディーズ的に「私、ブログ…休止します!(涙)」と宣言した割に怒涛の更新ですけどヒロラクさん、新年早々暇なんですか?



まぁ、暇と言えば暇なんですけど、私は世界一暇を愛する女なので、もう出かけること自体が億劫だからこれはこれでいいんですよ。新年からここ4日間、私の生活範囲は布団とトイレだけ。実家に帰っているので、ご飯も作らなければお風呂も焚かない。皿も洗わないし洗濯もしない。自分の家にはないテレビを一日見て過ごし、箱根駅伝でツイッターを荒らすという最高の寝正月。でね、突然どうでもいいこと言いますけど、私、この春ここ実家に帰るんですよ、家族の時間をもっといっぱい作ろうと思って。そう決めたのは去年の11月、両親はすごく喜んでくれた。ああ、迷惑ばかりかけてきたけど、親孝行できるかな…なんてセンティメンタルになっていたのですが、新年からここまでの私を見て母が一言。

「あ~、アンタ4月にこっち帰ってくるんだっけ…。」

わぁ…実の母親にまで鬱陶しがられている…最悪や…最悪やーーーー!干物女とか生ぬるい、もはや枯れ木!枯れ木女!!

PB023252_convert_20130104231545.jpg
(ヒロト前最前列でビロドオオオと叫ぶ枯れ木)

というわけで、枯れ木は今、布団に入ったままお腹にPC置いてパチパチとブログを書いています。暇だからブログを書いているわけではなく、自分が書きたいから積極的に、むしろ攻めの姿勢で書いております!友達や恋人と一緒にいればリア充?とんでもない、好きなことしてる時が一番リア充なんですよ!仲間といても、1人でも。

そこで、怒涛のRCレポ三部作が終了し、最後に書きたいことと言えばそう!昨年も書きました「全問正解できるかな?!どっちの曲でSHOW!」昨年はACE ROCKER編で、長々と解釈までして自信満々だった割には6/10曲正解(シングル除く)と振るわず…、でも!Oi Umbobo!は書いていませんが全問正解だったのです!年々ヒロトとマーシーの境目が見えなくなりつつあり、どっちの曲でSHOW!も難問となっていますが、今年も全問正解目指してチャレンジしますよ!では、全曲分析スタートッ!

1. 突撃ロック
これは甲本ヒロト作なので解説なしですが、NARUTOの主題歌に抜擢されたこの曲は、NARUTOファンの大きなお姉さまたちには大不評でしたね…でも、子どもたちはこの簡単でノリやすいメロディと「永遠です!」のリフレインが結構好きだったようですよ?それに、フェスでの突撃ロックスタートは盛り上がる!そうなると「アルバム1曲目はツアー1曲目」の法則通り、イエティツアーが「突撃ロック」で幕開けならば…盛り上がっちゃうぜー!キャッホーゥ!(攻めてますねヒロラクさん)

2. 黄金時代
2009年のフジロックでヒロトは「ロックンロールは死にませんよー!世界中の子どもたちが泣いたり笑ったりする限り、ロックンロールは死にませんよー!」と叫んだと、当時のフジロックレポにありました。もう、本当にその言葉に感動して、どれほど感動したかと言えば、『ビロドオオオオオ!僕は死にましぇええぇぇぇえん!』などと、同世代にしかわからないほど感動しました(笑)それが、ハイロウズのロックンロール黄金時代の歌詞「子供たちが泣いたり笑ったりする限り ロックンロールは死なない」だということは後から知りました。だからきっと、この歌はヒロト!ご機嫌なrock ‘n’ rollナンバーでございましょう。

3. 人間マッハ
これもヒロトだね~。「超人ハルク」とか「怪傑ゾロ」のノリで「人間マッハ」、間違いない。なんかね、桜井マッハ速人さんというプロレスラーの方がツイッターで「ザクロマニヨンズが最近出した、人間マッハって歌早く聞きたいんだがどんな歌?マーシーさん、ヒロトさんからは試合前だが、メッセージもらったんだけど。」ってツイートしてたんですよ。マッハさんはヒロトとお友達だし、というかマーシーとも友達だったの?!ヒロトの趣味の中で、プロレスはマーシー関わってないと思ってた。なんだよもう二人に垣根なし…!それはいいとして、やはり人間マッハはヒロト、プロレスを思わせる燃える闘魂な熱い歌と見ましたよ!

4. 涙の俺1号
う~ん、これは消去法でヒロトかなぁ。積極的にどちらかということが言えない、引っかかる材料があまりない。でも、強いて言えば「パーマン1号」や「サンダーバード1号」や「サイボーグ009」的な、ロボット俺1号な感じ?なんか、ヒロトのアニメ好きに引っ張られ過ぎとも思いますが、そうなってしまうのは、なんというか今回のアルバム…ユル~い感じしません?これは期待できねぇ!みたいな(笑)

5. チェリーとラバーソール
これはマーシーですね。ライオンとサンシャイン、チェリーとラバーソール。「~と~」はマーシー!と思ったけど、化石とミイラはヒロトだった。でも、虹色の瞳をしたヒップな乙女たちとか真顔でMCしちゃうブレイカーズ真島ですから?チェリーとラバーソウルなんてモッズっぽい曲名余裕でつけちゃいますよ!

6. 団地の子供
真島臭自重(笑)これマーシーじゃなかったら切腹するわ。クロマニアンたるものが犯してはならぬ不覚…!この詫びは、あ、腹かっさばいてぇぇええぇえぇ(チョンチョンチョンチョンチョン…)。歌舞伎の見得を切るぐらいの勢いで真島。だって、マーシー団地の子供だもん。

7. ホッテンダー
もうわかったよマーシー。そんなに寒いの嫌ならさ、南国行こうよ。ホットホッターホッテストホッテンダー!どこまで暖をとろうとするんですか猫か!石油ストーブ最前列で着火を待ってる猫ですか!ただ、これが「掘ってんだー」であった場合はちょっと様子がかわるねぇ…ヒロトの可能性も残しつつ真島ということにします。

8. 日本の夏ロックンロール
夏・ロックンロール・真島。日本の夏ロックンロール…味わい深いダサさ(笑)

9. 炎
「炎」というのは「火」が2つ重なってるという解釈がツイッター上にあって、ああそうか、そうだ、確かにそうだと感動を一層深めたこの歌。まぁね、雷雨決行→炎って、これもうヒロトどうした?!むしろマーシーとなんかあったの?俺はずっとお前と一緒にいたんだーーーーあだたがーーーしゅきだがだーーー!みたいに熱くしつこく訴えないといけないほどマーシーが冷たいの?と余計な勘繰りしてしまったり(笑)奥様へのラブソングか、秘密の恋人へのメッセージソングか、マーシーへのねっとりした告白ソングか…(笑)でも、火のように燃えあがる情熱を持っている2人の歌、であることは間違いないよね。本当に、ツアーでこの歌を生で聴いてほしい。説明しようのない涙がこぼれるから。

10. ヘッドバンガー
これはね、消去法でヒロト。だって、次のジョニーはマーシーでしょ?(笑)今回はマーシーの歌があっさり決まったので、それ以外がヒロトという感じでした。あと、今「ヘッドバンガー」でグーグル先生におたずねしてみたら、こんな映画を紹介してくれた。



メタルは通ってないと思うけど、この映画は面白そうじゃない?ヒロトが見ていてもおかしくない感じ。おお!あとこれ!これ決定的じゃない?!Headbanger motorcycles!オートバイ=ヒロト!はい、49㏄もヒロトだったし、オートバイはヒロトでOK!

11. 南から来たジョニー
東京ジョニーギター、ジョニークール、南から来たジョニー。クロマニヨンズ・ジョニー三部作。マーシーは外国名をジョニーしか知らない説も出ているほどですよ(笑)まぁ、やっぱりジョニー・B・グッドであり、ジョニーは戦場へ行ったのジョニーであり、ジョニー・サンダースだからこそのジョニーでしょう!Heyマーシー今度も一発すげーイカしたジョニーをお願いするぜ!(空回り気味のラジオDJ風)

12. 燃えあがる情熱 
これは真島昌利作とすでに知られていますね。いつも不思議に思うのは、ヒロトとマーシーのテイストがアルバムごとにすごく似ている、二人のテンションが同じ感じがすること。「炎」と「燃えあがる情熱」とかね?Fire Ageはくだけた感じ、MONDOROCCAは60年代イギリス風味、Umboboはセトリまでアルバム順にするほど固い布陣で、ACE ROCKERはお遊び感を減らしてストレートにくる…そんな話を大阪行きの車内で仲間と話してたら、「もう何百曲ある中で、今回はこれにしようか~って二人で似たのを集めてんじゃない?」という説が出て、なるほど…と。そうだよね~、そこまで毎回同じテンションになるっていうのも、なんか変だよね?相談してるわけでもないのに。でも、ヒロトとマーシーなら目と目で通じ合う~♪なんじゃないかと!(笑)そんな願望も持ったりしてしまいますが、果たして真相はいかに?

さて、解説も一通り済んだところでまとめますと…(真島表記は漢字の方がわかりやすいからで、個人的な真島ギギギ…ではありませんことをお断りしておきます)

1. 突撃ロック ヒロト
2. 黄金時代 ヒロト
3. 人間マッハ ヒロト
4. 涙の俺1号 ヒロト
5. チェリーとラバーソール 真島
6. 団地の子供 真島
7. ホッテンダー 真島
8. 日本の夏ロックンロール 真島
9. 炎 ヒロト
10. ヘッドバンガー ヒロト
11. 南から来たジョニー 真島
12. 燃えあがる情熱 真島

いやいや、それにしてもこうして12曲並べてみると、なんでしょうこの歌たち。涙の俺1号でも書いたけど「これは期待できねぇ!」感がプンプンします。大阪行きの車内でもみんなで、この題名なんだろうね~ヤバいよね~ダメそうだよね~と散々酷評してきました(笑)いやいや、酷評という名の愛、からかうというか楽しんじゃうというか「YETY vs CROMAGNON」の時点で笑っとけ笑っとけ!じゃないですか。ACE ROCKERがガチのガップリ四つできたのでイエティは外した気楽な曲が多いと見ましたよ。ツアーは陽気に踊ろうぜ~!私は、イエティvsクロマニヨンという題名大好きです。なんかワクワクする!

21世紀に未確認生物イエティ持ってくるこのセンス(ダッサ!)、たまりません。そして、アルバムジャケットから察するに、クロマニヨン=ヨシオであるということは、クロマニヨンズ=ヨシオズであるという事実が7作目にして判明!さらに、イエティはクロマニヨンを白くしただけということは、ヨシオはイエティに限りなく近い仲間であるからしてクロマニヨンズは未確認生物、未確認生物と言えば…やはり妖精…!

イエティ
(イエティとヨシオは戦ってるようには見えないよね。武器を持って社交ダンス?)

というわけで。「全問正解できるかな?!どっちの曲でSHOW!~YETI vs CROMAGNON編~」、まとめますとこんな感じです。(妖精の下り丸投げしたー!)皆様はいかがでしょう?それは違うぜヒロラクさん!などございましたら、ぜひ教えてください!そして、2月6日には、一緒に答え合わせをいたしましょう。

さて、怒涛の更新の日々もそろそろ終了でございます。来週から仕事も始まるし、またいろいろと慌ただしい日々になるので、こうして書きたいことを思う存分書く時間が取れて楽しかった!次に皆様とお会いするのは、答え合わせかイエティツアーかまた別の何かかわかりませんが、またフラっと戻ってきますので時々思い出して遊びに来てみてください!

それでは最後に、「とがってる」のハープもかっちょいいのですが、私はこっちの方が好き!という個人的嗜好をさらしてお別れです。ヒロトとも近しいOKAMOTO’S、浜ちゃんの息子さんがハマ・オカモトとしてベースを弾いているのも有名なバンドですが、この「共犯者」という曲でヒロトが吹いているハープが最高にキレッキレでヤバいです。公式のショートバージョンをご紹介しますので、機会があれば全部聞いてみてください。

― 僕らの罪は レコードと君とロックンロール ―


(ヒロト~~~OKAMOTO’Sと共演して~~~~!)

Comment

No title

レコードは聴くためのもの
聴いて良さが分かるもの
ミーハーな貴方には一生、分からんかもな

ユーモアというものが、大の好物です。
なんて楽しい自主企画なのでしょう。
私、クロマニヨンズ好きと良いながら、アルバム半分程しか知りませんが、あなたのクロマニヨンズ愛、めくるめくヒロト&マーシーワールドへの誘いにノックアウトされています。

一日で3つのブログにコメントするとか、そろそろストーカーライクになってきたので、自重したいと思います!
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。