06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月10日 南青山REDSHOES  WHILKO JOHNSON -TOKYO SESSION 2013- 前編

その人が来日するのを知ったのは新年明けてからのツイッター情報。あれ?ついこのあいだも来なかったっけ?また随分スパン短いな。一昨年も去年も来日公演を見逃してるけど、今は私も先が読めないし、この調子ならまたすぐ来てくれるだろうから今回は見送りでもいいか、と情報をそれ以上探ることはせず呑気に構えていた寝正月。大の親日家のこの人なら大丈夫。そう、「マシンガン・ギター」ウィルコ・ジョンソンなら!



ウィルコ

フォロワーさん同士で「10日行かないの~?」などと情報をやりとりしているのを眺めているだけだった、新年仕事始めの月曜日。状況的にも落ち着いて、チケットもありそうだし行ってもいいかな~と思い始めた火曜日。予約終了じゃ無理か…平日だし当日券並べないやと諦めていたら「開場20時だよ」って…えええ?!なんという大人時間…さすがパブロック…じゃあ、明日当日券で行こうよ!と仲間と決めたのが水曜日。そして、10日木曜日の深夜3時。

最近は、早々に電気をつけたまま寝落ちして夜中に目覚めることもしばしば。いつも通り時計代わりのスマホを見て時間を確認し、まだ3時かぁと寝ボケた目をこすってちょっとツイッターを見てみたら、「え…?」…こんなの嘘だ、デマだ、悪い冗談だと思いながらその信じがたい情報を探っていくと…。

ウィルコ・ジョンソンが、すい臓がんの末期であることが明らかに

一瞬で心臓が握り潰される痛みと耳元でドクドクと早鐘を打つ鼓動、目が冴えて神経が研ぎ澄まされて行くのがわかる。化学療法を拒否し、余命10カ月と告げられているウィルコ。年末に医師から末期がんと告げられたとき、すぐに日本の盟友鮎川誠氏と連絡を取り、母国同様それ以上に愛してくれた日本で最期のライブをしたいと伝えたと言う…。また来てくれる、ことはきっともうない。今夜は絶対に、ウィルコに会わなければ。

「会いたい人には会いに行かなくちゃ。」

ウィルコのソロもDr.FEELGOODも詳しくない。歌を聞いてもきっと良くわからない。でも、私の大好きなロックスター達が尊敬し憧れた偉大なパブロッカーに会いたい。それに、私だけの理由もある。どうしても今、ウィルコに会って確かめたい。命の片道切符を切られた人が、どう生きるのかを。

南青山レッドシューズ20時開場21時開演、当日券で入る約束をしていた仲間に「出来る限り早く並ぼう」と連絡。私は仕事を1時間早く切り上げ、明日どうなってもいいと電車に飛び乗った。17時から並んだ私達の前には6人。先頭の娘さん達は16時頃から並んでいたらしい。夜が更けるにつけ寒さが足底から首元から服の隙間を縫い、体を芯から冷やしていく。こんなときは馬鹿話をして笑い飛ばすのが一番、と、お互い言ったわけではないけれど、彼女(以下、ブライアン(笑))と私はとにかくどうでもいい話をいっぱいして、腹の底から笑った。

「私さ、3時半頃着いてたんだけどその時誰もいなくて、そしたらスタッフさんが来てさ、気を使ってくれていろいろ話しかけてくれるの。」
「ふーん」
「でね、いきなり『尾藤さん来たよ』っていうから、尾藤?と思って、はぁって返事しちゃったんだよね…尾藤って、誰だろう?」
「尾藤イサオがくるんじゃない?あの人もほら、リーゼントだしGSだし。」
「尾藤イサオかーー!」
『渋いとこ来るよね(笑)』

サンド~バッグに~浮かんで~消える~~♪叩け…叩け…叩けえええええ!と、ふとした瞬間に尾藤イサオの困り顔が浮かんでは消え、いや~尾藤イサオて!と何度か軽くふきだしていたら。

イサオ
(これは良いイサオさん)

「あのさ、さっきの尾藤だけどさ」
「うん?」
「あれ、もしかしあたら『ウィルコ』だったのかも…」
「…尾藤…ヴィトゥー…ウィルコゥ…」
『…ウィルコじゃね?!』

そうやってずっとずっと笑っていた冬空の4時間。その間に、なんと「浅井ベンジー健一」が帽子もサングラスも着けずに普通にフラッとやってきて、私達の並ぶ列の横を歩いて行く!最初に登場した時、私はツイッターを見ていて「ヒロラクさん!今、ベンジーが!」って言われて顔を上げればモッサリとした後ろ姿を拝むだけ…もう歯ぎしりギギギ…。仕舞に「肝心な時にいっつも見てないね~」と笑われる始末!んだよーベンジー見たかったよーベンジー!と思ったら、その後何度もベンジーフラフラ来るのね。もう最後の方は「あ、ベンジー夕飯食べに行ったわあれ」とか冷静になるほど(笑)

寒さもピークだし寄る年波もあるしで暫くしたらお手洗いに行きたくなったヒロラクさん、スタッフさんに声をかけて近所のトイレの場所を聞いてみると…「ああ、どうぞ中に入ってください」って…えええ?!いやいや、それリハーサルやってんじゃないの?!あ、流石にリハやってる場所は見ないで入れるのかな?一般人立ち入り禁止でしょ。とりあえず許可はもらえたし限界ヨロシクだし行ってみよう。

…って丸見えかーーーーい!(どーん)鮎川さん!そこでリハやってるーーー!扉を開けたら「はぁ?」って感じで業界人の方々に注目されるし、こいつ何しに来たと思えばトイレだし場違い感半端なくていたたまれない!もうこうなったら、正直じっくり見たかったけど、リハ目当てで入ってきたんじゃないんですぅー!と自意識過剰をフル稼働させて、そそくさと横目でフロアをチラっと見て出てきました。視界の端で「やたら狭いなOi!」と、イブハウスでは見たこともない狭さを把握。私達は当日券一桁だから、なんとか入れるとは思うけど…いや、無理かも!100人入らないよこのスペース稲葉の物置の屋根ぐらいだよ!100人乗っても大丈夫!いや無理!

トイレからの帰還報告で最悪この順番でも見られないかも…と万が一の不安と期待に揺れながら、そんなこんなで開場1時間くらい前だったかな?その時も私はなぜかあらぬ方を見ていたんだけど、「ヒロラクさん!ウィルコが、なんか凄い怒ってる!!」周囲の騒然とした空気に気づいて前を見ると、ウィルコが通訳?の女性に「Fuckin!Fuckin!」と連呼!えええええ?!ちょ、どうしたの何があったのウィルコ?なんかどんどん遠くなっていくけどどこ行くの?え…ちょっとライブ…ライブどうなるの?!

「ていうかウィルコ何回Fuckin!言った?!」(ヤバーーイ!)

…怒髪天を突く、逆鱗に触れる、ってこのことだな…と思うほどの怒り様にライブ中止も危ぶまれた大事件!Fuckin!を10回以上連呼し徒歩でイギリス帰るのかという勢いのウィルコでしたが、なんとか機嫌を直してくれたようで、戻ってきて私達の前を通り過ぎて行くとき、最高の笑顔を見せてくれました。その笑顔は、なんだかヒロトに似ているような気がしたよ。

そんなハプニング続出の待機時間だったけど心癒されるいい話もあって。お若いのに洋楽に造詣が深く気立てが良くてチケットはキッチリ予約している才色兼備なお嬢さんたちが、「待ってる間寒いでしょうから」とホッカイロの差し入れをしてくれたんですよ…あなたたち何歳?!その若さでこの気配り…両家の子女?大和撫子?これはもう日本の美徳ですよ!娘のような若い子に、人を思いやる気持ちを教えてもらいました。本当にありがとう。君達のような若者がいて、日本の未来は明るい!そうだ、そうきっちゃん、りおちゃんもかな?成人式おめでとう!(唐突に私信)

開場20時前、続々と集まる予約の列。いや、この行列ちょっと無理な長さなんだけど…あの狭さだよどこに入るの…ホッカイロを握りしめながら不安を煽られていると、予約に加えて関係者もワラワラ湧いてきたー!ていうかいやいやちょっと待ってそこのニートビーツさん!PANさん土佐さんモンさん!あなた達は京都磔磔でセッションするじゃないですか今日見に来なくてもいいでしょうがー!というか磔磔支配人の水島さんも来なくていいから! あなた京都でお出迎えするでしょうがホストでしょうがーーー!

「さすがにさ、VIPルームとか関係者席があるんだよ…」「だよね、でないともう入れないよこれ…」「あるある、バーカウンターあたりに…」ブライアンと私はこの状況に焦らないよう現実逃避をかましていましたが、結局、蓋を開けてみれば業界人も関係者もアーティストも一般人も全員同じフロアに寿司詰められました。(チーン)えっと、ニートビーツさんと水島さんはお願いですからマジ帰ってください(笑)

予約者も関係者も途切れ始めた21時過ぎ…「ご予約の方はいませんか~?」…「ご予約の方はい『いねーーーーよ!』」とスタッフに向けて無言で妖気を発していたら…。

「当日券の方~どうぞ~。」

…っしゃ、来たああああああああああああああああ!どうよ!どうなのこれ入れるの?!8番目に待機している私はすでにコートを脱いでますが?!300円握りしめていますが?!神様仏様ウィルコ様ーーーー!

深夜3時に信じがたい現実を知り、仕事をぶっちぎり冬空に4時間並んだ社会人失格のヒロラクさん。社会人は失格でも人間に合格すればいい、会いたい人に会いに行く、それだけの理由で動ける大人であればいい。

果たして、目の前に見えるその赤い扉は、最高のロックンロールへ続く扉はヒロラクに開かれたのか。最初で最後となるかもしれないライブを、「マシンガン・ギター」ウィルコ・ジョンソンを見ることはできるのか…?!

続く!

Comment

Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。