12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月6日 渋谷O-EAST イエティ対クロマニヨン第4回 ~心燃やして言葉を超えろ!~

ライブに行くようになれば誰もが一喜一憂し、どうしたら憧れのあいつが手に入れられるのかと真剣に悩む…そう、それは「良番」。自慢じゃないですが、私にはチケット運はありません。今回の渋谷もホットスタッフはあれですよ、あいつら渋谷にヒロラク立ち入り禁止の結界張ってるんですよ。チッ(悪ヒロラク)。ホットスタッフ先行、全落ちしましたからーーー!うん、ホントに自慢じゃない。むしろかわいそう…。だからね、そんな哀れな私に、お友達がチケットを譲ってくださったんです。ヒロラクさん、これで渋谷に行ってらっしゃい。あんな悪いホットスタッフに負けちゃだめよって。ありがたい話です。本当にありがたい…。



チケット

えーーーっと…待って待って。えっと、この数字は何かな?ん?ずいぶんシンプルに見えるけど、まさかぁ~そんな番号都市伝説でしょ~聞いたことないって~…。眼鏡をかけてと…。


なんじゃこりゃ

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーー!

嘘だ!こんな番号あるなんて嘘だ!いつも三桁、時に四桁だもん!二桁だったら奇跡だもん!一桁なんて……1・2フィニッシュなんてーーーー!オーマイガーーーッ!(戦慄)

…ね?見たことないでしょ?コネとかじゃないよ、運だよ。友達のチケット運です。こんなことってあるんだよ本当に!もうこれは、バカ田大不合格だった受験生が、なぜかハーバード大学にトップ合格したほどの奇跡ですよ!私は全くチケット運がないのに、友達に恵まれているのです。本当にありがたいです。

お分かりでしょうか。5日はこの日の為の前哨戦、最前列のどこがベストポジションなのか、どこに行けばヒロトが目の前いっぱい3Dで飛び出してくるのか!もうこの2番を堪能しつくす!骨の髄までしゃぶったらあああああうらあああああああああああ!

というわけで、5日のレポで含みありげに書いていた「底なしブルー」ですよ!あの、アンプを超えてくるあの瞬間を全部!全部この目に、真正面で受け止める!ああ、それはどんな景色なんだろう、一番近いところでヒロトのハープを吹く姿を見る、そのとき、私は何を思うんだろう。絶対に、その場所へ行く。負けない…絶対に!

いやいやヒロラクさん、負けないってあなた圧勝じゃないですか。2番なんだからフロアで3回ぐらい転んでもヒロト前に行けますって。というのは、渋谷O-EAST初心者!3月5日の客入れセッティングはもはや伝説の悪対応…いいですか?番号がですね、まず階段下でざっくりと「1番から10番の方~」と呼ばれるんですよ。で、どうやら番号内であれば順番関係ないんです。10番が先頭でもOK。しかも!その階段下から階段を上って、上って、上って、チケットを見せて、ドリンク代を払って、コインを握りしめて2階から1階へ降りる、降りる、降りる…!

福男じゃねーーーーーーーーんだよ!(怒)

福男

なんなのコレ嫌がらせ?!走ると動機息切れめまいのするおばちゃんへの嫌がらせ?お前はお呼びじゃないってこと?そこまでするか渋谷ああああああああああああああ!実際、5日に一桁だった友達は何番も抜かされたそうです。これ、対応おかしいよねぇ?もうさ、だもんだから6日は待機列ピリッピリムード。天皇陛下お出ましになるのかと思うくらいピリッピリ。でも、結局、昨日の反省もあったのか、6日は順番通りにしっかり並んで入れました…良かった(涙)

こうしてやってきた、目の前には誰もいないフロア、先頭のランナーのゴールテープはそこに、そのアンプ前の柵だ!柵を掴んで見上げれば、昨日のライブの映像が蘇る。どんなふうに見えるんだろう、アンプを超えて目の前に、一番近くに!

なんかもうライブ開始前からすでに視野が、ヒロトのマイクスタンドとアンプぐらいの幅しかなくなってるわけですよ、緊張しすぎて(笑)前説のお兄さんがヤイノヤイノ、フロアーがオーオー言ってるのをボンヤリ聞きながら前だけ凝視していると…狭い視野の中に、あ、来た、来た…!ギャーー近い!近ッ!デッカ!…フオオオオ…ビロドオオオオオオオオオオオオ!

もう予想以上!渋谷は大きい会場だからあまり期待していなかったけど、もう少しで手の届きそうな近さで、見上げるヒロトはとても大きく見えて、ああ、目の前に妖精が…いや、そこにいるのは憧れのマイヒーロ「ドゴオッ!」

痛ッあああああ!ちょ、ダイバー!忘れてたダイバーの波状攻撃痛ッドゴオッ!や、待って、まだ始まったばっか「人間マッハーーー!」ひぃぃぃ死ぬ!ドゴオッ!ちょ、首のタオル掴まないで首持ってかれるーーーー!助けてーーー誰かーーービロドオオオ!・・・・・・・・

もうね、この序盤の攻防戦。エース日替わりは「欲望ジャック」ですから、ラス!フォー!ロッケ「ドゴオッ!」ですよ!「他には何も」まで、ヒロト~(ウットリ)「ドゴオッ!」ヒロト「ドゴオッ!」ヒロ「ドゴオッ!」ヒ「ドゴオッ!」「ドゴオッ!」お前ら落ちつけーーーーーーー頼むから!!「ドゴオッ!」

ヒロト前最前列という絶景にはつきもののダイバー波状攻撃に耐え抜き、やっときたブレイクタイム、団地の子供。まぁ、私はアルパ化するのでまったくブレイクできませんが、あのね、あれ絶対自分の可愛さ分かった演出だから。なんならキャーキャー言われたいぐらいだと思うよ。だって、タンバリン持ってからの振り長かったもん。

「あれ、これはなんだぁ?」【ヒロラク心の声:タンバリンです】「これを使うのかぁ~どうするのかなぁ?」【ヒロラク:振ってください叩いてください】(コビー前にいた友達の『被って!』という声に応えて)「こう?(テヘッ)」【ヒロラク:クッ…!】

はいはいはいカワイイカワイイ…ギギギ…!(怒)あざとい!甲本ヒロト(49歳)あざといッ!もはや胸キュンを通り越して胸ギュンになる腹立たしい可愛さ!エースツアーでは連結器で半分ラジオ体操的なエロスを表現しきっていましたが、イエティでは団地の子供で幼稚園生のお遊戯に手を出していますよ!…はっ!これはもしや「子供」を表現しているのか…!なるほど、穢れなき子どもから穢れたエロスまで振り幅の広い甲本さん、大変おいしゅうございます。今後も賞味させて頂きます。

そして、ホッテンダーの前後だったかどこで言ったヒロトのMCは、いつも変わらない。「今日のライブだけを楽しみに生きてきました。冗談に聞こえるかも知れないけど、本気です。全部出し切るから。みんなはなんも努力せんでいいし、なんも頑張らんでいいんよ。応援もせんでいい。いっぱい楽しんで帰ってくれよ!」

ヒロトのあったかいMCとホッテンダーでまったり幸福感に温んだフロアを、マーシーの爆裂ギターが切り裂く!ジャッジャッジャッジャッ!…オオオオオここで、この距離で…「悲しみのロージー」!アカーーーン!それは、それは反則!ヤバッ、これは、これは…来た、アンプに、右足…ガッ!かかったーーー!そこ!上!見てヒロラクさん見てそれ!

「愛されたいかーーっ!叩きこんでやるぜ!」

ヒョォォォォォ・・・・・・・・(チーン)

…ロージーで一度完全に昇天し、魂を持っていかれたヒロラクさんの耳に…魂を呼び戻すハープ!ハートに甚大なダメージを受けたままで「とがってる」を迎え撃つ!チクショーカッコイイぜ最高!最高!最高!最高!

さえぎる物のない視界で、炎を歌うヒロトとマーシーを交互に見る。ヒロトの本心はわからないけれど、この歌を聞いた人はたぶん、きっと、この歌の2人はヒロトとマーシーだと信じてる。最前列の視界に僅かに見える手はみんなピースサイン。ヒロトに向けて、マーシーに向けて。ヒロトは何も言わないけど、皆がそう思うならそれが真実でいい、そう思う。

間髪入れず来たで!ヘッドバンガー!来るでOiOiOi!ドゴオッ!この日のダイバーは女子も多くて、コラッ!女の子がはしたな「ドゴオッ!」もう好きにしなさいお母さん知らないか「ドゴオッ!」

ヘッドバンガーの後はお着替えタイム。細くて長いバカみたいな比率の手足は、何度見ても漫画の様。ロックンロールの理想形。この妥協も無駄も許さない様な体で、無駄でしかないMCをするからね(笑)名古屋に引き続きまして、本日も絶好調に精液振りまいていらっしゃいました(R20)。そして、名古屋に引き続きまして、ジョンナムの母にご指名頂きましてありがとうございます。ヒロト目の前最前列女子ですからね、そりゃ頂きますよ。目も合いますよ。合わなかったら心外ですよ!(笑)そして、お隣の小柄な女性は「壇蜜」を頂いて、キャァと可愛らしい声を挙げていました。な!皆一緒なんだよ!よし!新年から子育て日記書くぞー!(わーい)(…)

グリセリン・クイーンでもドゴオッドゴオッとダイバーが押し寄せて、もうちょっとしたベルトコンベアー気分ですね。ダイバーが何かの製品に生まれ変わってくれればいいけど、またお前かッ!って飛んできますから。これな、君たちな、ええよダイブしても別にそれも楽しみ方だから。怪我した人もいるし一概には言えないけど、私は特に気にしてないんだ。なんかこう「来たな!シャーコノヤロー!」って熱くなったりもするしね(笑)でもな、でもですよ、この次の曲では絶対来るなよ、ダチョウ倶楽部の前振りじゃないぞ。次の曲で飛んできても私は死んでも首下げないからな。この瞬間にどんだけ命懸けたか、お前に見せてやるからな!

そう、遂にその時が来ました…底なしブルー!もう耳が目が完全に覚えてる、ヒラヒラと舞う掌、ハープに口づけ、ステージ奥へのタイミング、ガブガブステップ(ギターを弾け)、次に来る音、次にすること、全部覚えていてその時が来るのを全身で待っている。

掌に底なしブルー 唇に底なしブルー

アンプに足をかけて、イントロのフレーズを2回繰り返す。そして、その次、ラストのリフレイン、足を挙げて、来る、ドン!わあ…!

肌が汗がコンバースの白いつま先が青の光に照らされて、黒い髪が目の前で揺れている、歌う為だけの筋肉が薄く凝集した肩を腕を震わせて、今、その全部が目の前にある…!

「ファァァアアア…カッコイイーーー!ヒィヤアアアーーーカッコイイイイイイ!」

あれ?なんか?今、変な音出たぞ?この超音波みたいな、百万匹の蚊が耳元で飛んでるようなこの奇怪な音は何??や、ちょっとこれ、私の声かーーーーーー?!

全く意識していなかった、意識する前に声が出ていた。それは恐怖の悲鳴と同じ、脳を通らない本能の叫び、心と直結した言葉。恐怖と感動は「心のキャパシティを超えた感情」という点で同じなのかもしれない。そして、溢れ出た心は悲鳴となって感嘆となって唇から直接零れていく。お化け屋敷でキャー!ならわかる、女子ならカワイイかもしれない。だがしかし、このライブ会場で、最前列で、絶対メンバーにも聞こえる位置で、この悲鳴はどうなの…!目的を遂げた達成感と猛烈な羞恥が混合すると「もうどうにでもなれ」魂が発生し、そこから後はダイバーもぶん投げちゃるわー!来いやー!の勢いで楽しみました。ダイバーに頭を蹴り飛ばされても!最前列はやっぱり最高!

今夜のアンコールは勝治軍団が昨夜、根性入れ過ぎて声が出なくなったことから、「勝治!クロマニヨン!」の掛け声はありませんでした(笑)南から来たジョニーを歌う前、ヒロトがいきなり「では、聞いてください。贈る言葉」と言いながら髪を両耳にかける金八先生の仕草をしながら「暮れ~…」と歌い始めるも演奏が全くバラバラで、打ち合わせなしで海援隊は厳しいやろ!と思っていたら案の定ヤメヤメと手を振って「すまんすまん、できなかった。クロマニヨンズの人が一番驚いたと思います(笑)」

歌う前は余計な振りでマーシーをも困惑させ、歌い終わった後もマイクスタンドを片づけるお兄さんを見て「ギョッ」とする小芝居、去年のマーシーのボジャケットの小芝居同様、ヒロトは案外演技好き?そうか、あの名優甲本雅裕の兄だもんな。なんて妙な関心をしていると。

「あの人は、マイクの棒を出したり引っ込めたりするお仕事なんだよ。ライブでは、凄く大事な人なんだよ。」
「…今日、このオンイーストにいる人も、大事じゃない人なんかおらんのよ。いつもふざけたことばかり言ってるけど、時々本気のことも言います。ほんとにありがとう!」

一番近い場所でそんな優しい言葉を聞けた今夜を、一生忘れたくないと思う。この夜この場にいなかった人にも、伝わってほしい「大事じゃない人なんかいないんだ」と。

ライブが終わって、ダイバーの波状攻撃で乱れた髪、汗と涙で落ちた化粧、圧迫されて痛む肋骨の三重苦を抱えて振り向くと、「ヒロラクさん!」目の前に、金髪でショートカットの可愛いお嬢さんが。誰だろう?と思ったら、「○です!」ああ、フォロワーさんだ!真後ろにいたとはお恥ずかしい。しかも、よりによってこんな終戦直後の悲惨な時に!と苦笑いをしていたら、「ヒロラクさんの声聞こえましたよー!めっちゃ可愛かったですよー!」ってあれか!底なしブルーの超音波か!ウオオオオやめてくださいそこに触れちゃだめー!

「ヒロトめっちゃ見てましたよぉ!」(ちーん)

私、目の前いたけど、めっちゃ見てるの気付かなかった。それとも、この言葉が聞き違いかな?めっちゃ見てたらわかるもん。そうだ、私の聞き違いだと思っておこう。

それにしてもあの声、「恥ずかしい」という感情をすり抜けて心のままに口から言葉が漏れることがあるんだと、こうして言葉にしてしまった今は思い出すと恥ずかしい。周りの人がどう思ったか、ヒロトには聞こえたのか、コビーやマーシーは「なんだあの女」と思ったんじゃないか…言葉が頭を通るとこんな詰まらないことになる。

だからあの瞬間、昨日からずっと夢に見ていた、絶対に見ると決めていたその姿を見て挙げた悲鳴が、漏れた言葉が、あのときは正解だったのだと。それでよかったんだ、きっとステージの彼等はわかってくれる。だって彼等も、ストーンズを見て、スプリングスティーンを見て、ボブ・ディランを見て、同じように悲鳴を上げたはずだから。心を燃やして言葉を超える。憧れるって、そういうことでしょう?


(この悲鳴と同じ奇声を発したとご想像ください)

次の日の朝、底なしブルーのヒロトを見上げた角度を思い出してニヤニヤと見上げた空は、青空だった。運転手さんそのバスに、僕も乗っけてくれないか?職場までバスに揺られて思う。ライブが終わっても思い出は消えない、青空はより青く雨音はエイトビートを刻み、毎日楽しく生きていけそうな気がする。そうか、それが、ロックンロールだ!

今でもあの角度で空を見上げてはニヤニヤしているヒロラクさんの明日はどっちだ?!明日の前にとりあえず、次は3月9日神戸WINTER LAND!多くの猛者を震え上がらせるライブハウスの秘密とは…?

See You Next Live!

― セットリスト ―
1.突撃ロック
2.黄金時代
3.人間マッハ
4.涙の俺1号
5.チェリーとラバーソール
6.欲望ジャック
7.他には何も
8.団地の子供
9.ホッテンダー
10.悲しみのロージー
11.とがってる
12.日本の夏ロックンロール
13.炎
14.ヘッドバンガー
15.グリセリン・クイーン
16.底なしブルー
17.あさくらさんしょ
18.紙飛行機
19.エイトビート
20.燃えあがる情熱

アンコール
1.南から来たジョニー
2.雷雨決行
3.ナンバーワン野郎!

Comment

お疲れ様です!物凄い幸せな時間を、ひとつひとつ全開で楽しんで書いてくれるヒロラクさん、いつもありがとうございます(*≧∀≦*)
全力で楽しむ為の研究も欠かさずに、どこにいても燃えあがる情熱は本当にさすがです!としか言えなくて尊敬の限りです。
今回はどれ程行かれるんでしょうか?私は後富山で多分最後になりますが、ヒロラクさんのブログで一緒に心踊らせて頂きます(*^^*)

チケット41番じゃん?なに書いてんの?
ん!?ん!?って読んでて。

画像を拡大してみた。








なんじゃそりぁあああああ!!!

追伸。
ギギギのギ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやぁぁぁぁぁ!
ヒロラクさんになった気分でこのブログ読んでたら、ドキドキしてきました!
いつか私も、ど真ん中で見れます様に!!

一桁って、存在するんですね!
もはや、あのナンバーは捏造貨幣のような、不可侵の領域かと思っておりました( ´ ▽ ` )ノ
奇跡?!いや、ヒロラクさんの燃え上がる情熱が、呼び寄せた運命でしょう☆

それにしても、私がクロマニヨンズに初対面して、あ、ちょ、グリセリンクイーンわっかんない…!
とかやってる、数メートル先でそんな光景が繰り広げられていたとは。

さすがです!笑

No title

>>ジェムさま
いつもコメントありがとうございます!

誰に頼まれているわけでもお金を貰っているわけでもないのに、この燃えあがる情熱(笑)
楽しいだけです。ヒロトとマーシーの言っていること、わかります^^
そういえば、フォロワーさんに「2日目を楽しむために1日目に下見するとか、プロの仕事です。」と言われて爆笑しました。プロの仕事(笑)
プロヒロティストとのお言葉も頂いたので、今度肩書に加えようかと思います(笑)

今回はエースツアーほどはいけませんが、できれば各地に出没したいです!
でも、ジェムさんとはもう会えなさそうだなぁ;;
アンドモアに期待しましょう!
それまで、ここで華麗にステップを踏んでいてください^^


>>涙の俺ゆういち号
ウヒヒヒヒ^^^^

なんて言ってるけども!あなたの方がギギギギギギィィィ!
ゆういち親子、神戸の奇跡は忘れませんぞ!

おめでとう!^^
ギギギ←

>>非公開さま
熱いコメントありがとうございます!
凄く凄くうれしいです!^^

まだレポは続きますので、コメントお待ちしていますね^^
もしツイッターをやられていたら、ぜひ私を見つけてください!
すぐ見つかると思います(笑)


>>1975namiさま
でしょう!最前列ど真ん中で見たくなるでしょう!
それが伝わってくれれば、もう目的達成です!
最前列ど真ん中はフェスも含めて何回かありますが、今回の渋谷が一番圧倒的だった気がします。
いつか、ナミさんもこの景色が見られますように。
信じていれば、必ず、きっと!^^


>>ハピこ
ほんとね、存在したのね。
イエティと同じ未確認物体だと思ってた。
チケット運がいい人がいれば、他人のチケット運にあやかる運がある私がいて(笑)
今まで私に起こったラッキーは、ほぼ全部仲間がくれたものです。
ありがたいです。

ハピこさんは初マニヨンズだったのですか!
どうでした?ヒロトとマーシー見えましたか?
今度感想を教えてください^^

あら~、なんてステキなチケットを…☆
もっと早くに知っていたら、一番最初に入って行った方をガン見したのに(>_<)チェッ

今回、私もhirorakuさんと同じ行動をしました。
わー、同類…
渋谷初日hirorakuさんを見おろしていました。
そして2日目は、最前列にいました。
ビックリ!同じ行動をするなんて(^q^)プププッ

2日間共、楽しかったですね。
まだまだ行きますよ!
hirorakuさんの半分も行けないのですが、楽しみますよぉ~(^o^)v

いつもコメントにお返事ありがとうございます。
何かがたまらなく好きで、誰にも絶対に譲れないものを持っているって、とても幸せですよね(*^^*)
それを見つけたあなたは幸せ者(^-^)♪
これからもたくさんの幸せ話、失敗談(←おいおい)楽しみにしています。
特に○○談ウシシ★うそうそw

No title

>>halさま
おお、こちらにも!コメントありがとうございます!^^
halさんも渋谷2DAYS!しかも全く同じ動き(笑)(笑)

>わー、同類…

なんでしょう、この感じ。あれ?ちょっと肩についたゴミを払うみたいなお顔が見えますが…気のせいかな?(笑)

最前列!halさんも都市伝説の良番をお持ちだったのですね。
どちらにいらしたのですか?もしや…右隣の壇蜜のお母様では?!
いつかまた、最前列でお会いしたいですねぇ。絶景でした!

ヒロラク動けば事件に当たる。コナン君のように毎週殺人には出くわしませんが、笑えるネタには事欠きません!

halさんも、ご自分の哲学、譲れないもの、幸せをおもちの方の様な気がします。
また、色々と教えてください^^

No title

>>ピロコさま

コメントを削除したのは、今までも削除してきた方と同じホストだったからです。
同一人物ではなかったとしたら、大変申し訳ございません。

「ピロコ、ヒロトさんに教えちゃいま~す」とコメントくださいましたが、
このブログをヒロトさんに教えてくださらなくてもけっこうです。

同一人物の方でなければ、いつでもコメントお待ちしています^^
ヒロトさんを想う気持ちは一緒ともコメントくださってますし、
今度はヒロトさんの話、いっぱい教えてください^^

???なんか難しい事よくわかんないです。
気が向いたらまたコメントしま~す ^^

No title

>>ピロコさま
コメントありがとうございます。
気が向いたらまた遊びに来てください(^^)

とってもごっつぁんです!!

あきたこまちです。
おはようございます~

先日はお忙しい中、返事を頂きとってもうれしかったです!

時間を見つけては、ひろらくさんの過去のブログを読み漁っています!!めっちゃ笑えたり泣けたりと忙しいです(笑)

そしてそして!!

私が知りたいことの一つ!R指定の話題!もたっぷりですね(てへへ~)
ひろらくさんは、もう何度となくヒロト様の#$%&*!ご覧になっていらっしゃるじゃないですかーー!(ニヤニヤ。そして、うらやましかったりする)
いつかおさわりの日が(おいおい、なんてあからさまに公の場で・・)いやあ、そこまでは望んでいませんかねえ?!(いや、おそるべしひろらくさんのことだから、、、爆笑)

えへん。気を取り直して。。
まだまだいろんな生情報が詰まっているであろう「ひろらくさんパンドラの箱・ならぬパンドラブログ」まずは、過去分を時間があるとき楽しませていただきます~!

そしてもちろん、現在進行形分もまってま~す

No title

>>あきたこまちさま
こんにちは、ツイッターでもコメントをありがとうございます!

時間を見つけてこの変態の館に足しげく通ってくださいまして、ありがとうございます。笑えたり泣けたり…嬉しいですねぇ、感情が動いているのですね!それすなわち感動!どうやらあきたこまちさんは、私と同じ魂の持主とお見受けします(笑)←笑うところ

R指定の話題、まだまだこんなものではたっぷりとは…私は若輩者ですので、数えて3回?4回?くらいしか子ヒロト様のお姿は拝見しておりません。今年もそろそろ初詣したいところです。(真顔)いやいやいや、さすがの私も子ヒロト様を御触りする日がきたら、それもう世界の終りですから、いけません!でも、宮崎では…おっと、これは宮崎レポにとっておきます^^

ちょっと忙しいのでなかなか更新できませんが、また遊びに来てください。ツイッターでもよろしくね^^

No title

毎回、返信ありがとうです!(喜)

‘‘変身の館‘‘ですって?!じゃあ、そこへ足げに通っている私は・・・
(爆笑)
はい、そこは「ウルトラソ~♪(B`Z)」ということで(がっつり握手!)
情報量やヒューモアでは全く足元にも及びませんが、クロマニヨン
(特にヒロトさん)に対する気持ちは同じかと~!!
(それぐらいはおよばせてえ~!)

私も時間があるときを使って、ブログ全読めざしてますからっー!(熱)

宮崎レポート?!?きゃ~ええー!そんなあこと~!?!
(って、まだ読んでないから!。。と自分で突っ込む)
楽しみに待ってますね~!

引越し作業がんばって!!

No title

タンバリン被って〜言った時の笑顔→マガジンDONUTの見開き。宝物になりました。3/6渋谷は忘れられない!ろっけんろ
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。