12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのときにならないとわからない

お久しぶりです、生きてます。普通に…いや、人生三倍速で生きてます!なんたってほら…ねぇ…私…アレですから…ガン…。



ガンボツアーだから!(ドーン)ツアーですよライブですよ生ヒロトですよ、行きますよねぇ?ポンコツナースですからシフトをガンボ仕様にして、新潟も富山も名古屋も渋谷も岡山も大阪も長野も釧路も浜松も神戸も…行っちゃったなコレ(笑)

そいえば私、乳がんだったっけ?いや、忘れるなんて無理。乳がんだったわ~残念ながら。でも、別に痛くも痒くもないから普通に仕事して普通以上にライブ行ってます。そんなハードな仕事とライブの合間にMRI撮ったり右側のオッパイにも針刺したりしまして、先日とうとう現段階での結論が出ました。先生のお言葉をヒロラク脳内突込みの副音声付でお楽しみください。

MRIの結果は…よくわかりませんでした。
(オイーーーーーー!MRIけっこうきつかった!腰やられた!高かったし!何しに行ったんやーーーー!)

右にもいろいろと見えるんですけど、今のところこれは悪いものではないと細胞診でも出ていますので、経過観察にします。
(経過観察…右も怪しいな。そのうち癌野郎が調子こいて出てくる覚悟はしておこう)

左はマンモグラフィーの所見とも一致します。こちらは癌です。現時点ではやはり非浸潤性乳管癌と考えられます。
(非浸潤性なら転移は大丈夫かな。)

リンパ節超音波エコーでは、いくつか膨らんでいる感じもあるのですが…。
(転移してるんかーーーーーーい!)

こちらは、まぁ大丈夫でしょう。
(大丈夫なのかな…危うい…これもう手術後の病理検査でひっくり返される予感がプンプンするぜ…!)

手術ですが
(ゴクリ…)

癌の範囲が3㎝を超えています。そうなると5㎝以上の範囲で切除することとなり温存術では整容が保たれないこと、取り残しのリスクも考えると全摘出が勧められます。
(あーマジかー覚悟はしてたけど…マジかー。早期発見なのに全摘出ってマジかー早期発見て、何かね?←菅原文太風に)

ここで心の声を「声」に出して先生に聞いてみる。

「あの、皮下乳腺全摘出術は適応できますか?」

アンジェリーナ・ジョリーの乳房予防切除の術式、中身だけ切除して皮膚と乳頭と乳輪を残す方法。あんまんの餡だけ抜くとイメージしていただければ。乳首があると乳房再建のときに依然とほぼ変わらない状態になるし…。

うちの病院でもその術式は可能です。ですが、それはお勧めできません。癌が乳頭付近まで広がっているので乳頭への再発リスクは避けられません。他の病院に行けば温存療法でできると言う医師もいるでしょう。でも、私は勧めません。

直感。ストンと腑に落ちる、これだ、と思う感覚。どんな言葉で、どんな態度でその直感が心に刺さるか、それは人によって違うだろう。ここまでの医師の説明を読んで、セカンドオピニオンをした方がいい、乳房切除しなくても手術できるよ!とアドバイスしてくださる方もいると思う。でも、この言葉を聞いた瞬間に、直感したのです。

この先生にお任せしよう。

やろうと思えば温存もできる、皮下乳腺全摘出もできる、それを選ぶ医師もいるだろう、でも、私は選ばない。先生は真っ直ぐ立っている人だと、そう感じたのです。なんでかわからないけど…ちょっとタイプの渋イケメンだからかな?(そこかーい)先生は、乳房の同時再建も勧めなかった。癌をしっかり取りきって、術後の病理検査で転移なし、癌完全切除!となるのを確かめてから、次のステップを踏もうという考え。現在の主流ではないかもしれないけれど、私も迷ったけれど、今は二期再建で納得しています。

ライブでギュウギュウになっているとき、左胸の感覚に意識が行く。押されて潰れてまーす!というこの感覚が、もうすぐ永久に失われるのか…と思うと、忘れたくない懐かしい特別な感じになる…押されてるだけなのに(笑)

乳がんになったことで、大切なものが増えていく気がする。左胸の温かさ、重み、感覚、乳房から伝わる鼓動。そんな当たり前のものが愛おしくなる。卒業式だけクラス中の人が好きになるような感じ、話したこともないクラスメートも涙で輝いて見えるような(笑)赤ちゃんに吸われることもなく、大して役に立たない胸だったけど、お前がいなくなるのはさみしいよ。

オッパイを失うということ。喪失感、絶望感、乳房を失った左胸を見たときどんな感情を抱くのだろう。そのときにならないとわからない、今はわからない。今あるのは、さみしい気持ちと少しの好奇心。自分はここを乗り越えていくのか、それとも心が潰れてしまうのか。

ただ、なんとなく、大丈夫なんじゃないかな…という気がしています。全摘出を告げられた後、先生に「一つお聞きしていいですか?」と真剣に切り出して。診察に同行していた母も息をのむのがわかりました。先生も私が看護師と知っているから、何が聞きたいのかと身を乗り出してくれた時…。

「1月20日に和歌山までライブに行きたいんですけど…行けますか?」

スパーーーーーーン!「あんたーー何言ってんのーーー!」

いい年した母に診察室で頭を叩かれるいい年した娘。だいぶ恥ずかしい!それまでちょっと泣いてたくせに母さん何してくれてんの!漫才コンビのような絶妙な間合いに先生は笑って、いいですよぜひ行ってください。それを励みに手術を乗り切りましょう。

惚れるわ~~~~先生惚れるわ~~~~!わかってるこの人、何が大事かをちゃんとわかってるお人だ~~~。

「先生、あの…12日のライブは…」
「それはダメです。」

わかってるお人だ…調子に乗るなとバッサリくるわ~。東北シリーズはさすがに行けないようで残念、来年こそリベンジ!でも、和歌山~四国シリーズは行きますよ!先生に「ライブで押された時は自己判断で下がってください。」って言われたしね。押されるのはまだ無理な気がするから、一番後ろか圧のないところで見ることになるだろうけど、またライブに、大好きな場所に戻ってくることを励みに手術を乗り切ってきます!

ヒロトとマーシーのおかげで、クロマニヨンズのおかげで、クロマニヨンズが大好きな仲間たちのおかげで、癌になっても毎日楽しく生きています。泣いてる暇も死んでる暇も全くない!振り返るより速く今を走り抜けていきまーーーす!また、ライブでお会いしましょう。

というわけで、この後は16公演に及ぶガンボ・インフェルノツアーのダイジェストレポをお楽しみください。
いやもう、ブログが追い付かないスピードでライブに行ってるので一行コメント程度になりそうですが…ガンボいいんだよ!すごくいいの!このパッションをお伝えできれば!(笑)

Comment

ストン腑

☆クロマニヨンストン腑

☆楽しむだけ楽しもうぜ!
ヒロトさん達のおかげで
僕達は運が良い。
一切ブレない。

No title

初めまして!hitoと申します。
昨日のガンボ最高でした!明日命が尽きようと後悔しないくらい全力号泣でやりきしました(笑)

ネットを泳いでいたらここにたどり着きました。
自分と同じように(それ以上に)ヒロト&マーシーを思う方がいて嬉しくなっちゃって思わずコメです。

そして偶然私も乳がんです。退院直後も、薬でツルピカ頭になってもライブに行ってました。
ヒロト&マーシーの存在は薬以上に効能がありますね!(マジで)

私の場合治療は大変でしたが、今は落ち着いて薬飲みながらもスコブル元気です!

いつかライブでお会いできたら嬉しいな!

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
hirorakuさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(´∀`*)

だからもっとお話させてもらえたらなって(*´ー`)
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

hirorakuさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます(o´∀`o)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

hiroraku

Author:hiroraku
@hirorakuでツイッターもしていますので、いつでも声をかけてください^^
そちらもかなり痛い感じですが、いつものことなので、希少動物を保護するようにそっと見守って下さると嬉しいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。